USE COMPANY OFFICIAL SITE

中国の5Gスマホ販売ランキングトップ10【2020年6月】

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

SOMEYA(@someyatama)が気になった記事を紹介します。今回は,中国における5Gのスマートフォンの販売ランキングTOP10について見ていきたいと思います。

5G手机销量TOP10:华为独占6席,小米10第二,榜首拍照第一

 

1位は,「华为(Huawei)P40 Pro」でした。日本でも2020年6月に販売開始されましたが,Googleモバイルサービス(GMS)が使われていないということで初動は鈍いように感じます(話題にならない)。

すごいのは,スマホ販売ランキングの上位10位以内にHuaweiが6つランクインしていることです。

  • 1位:Huawei P40 Pro
  • 3位:Huawei P40
  • 4位:Huawei Mate30 5G
  • 5位:honor 30S
  • 6位:Huawei Mate 30 Pro 5G
  • 10位:honor V30 PRO

MateシリーズはHuaweiのフラッグシップモデルです。

荣耀Róngyào(honor/オーナー)はHuaweiのサブブランドです。どちらかというとミッドレンジの商品が多く,若者向けのデザイン性が優れたスマホを得意としています。

かなり時代の差はありますが,NationalとPanasonicみたいな感じが近いでしょうか(たとえが古い)。

Mate→P→nova, honorがあって,さらにそれぞれPro, 無印, Liteが発売されていたりするので,特にアップル製品に慣れている人にとっては違いを把握するのが厄介です。

 

もうひとつ,小米(Xiaomi)のスマホも負けていません。「小米10」をはじめとした3モデルがランクインしています。

  • 2位:小米10
  • 7位:小米10 Pro
  • 8位:Redmi K30 Pro

こちらは小米(Mi)がフラッグシップで 紅米Hóng mǐ(Redmi)がミッドレンジのモデルになります。

 

ランキングを見てもわかるように中国はまったく独自の世界ができています。

ちなみに残るひとつは一加Yī jiā(OnePlus, OPPO傘下のスマホメーカー)です。iPhoneはまだ5Gに対応していないのでランキングには含まれていません。

これを見て「中国の話でしょ? 日本は関係ないじゃん」と思われる方もいるかもしれませんが,日本と中国では経済規模がまったく違う上(単純に人口は約10倍,GDPは約3倍),勢いやイケてる感があるのは圧倒的に中国です(日本の国産メーカーのスマホを見るとわかると思います)。

そろそろ,アメリカを中心とした西洋としての人格と中国向けの人格をつくるというのも良いのかもしれません(XiaomiのスマホならGoogleも使いやすそうです)。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2020 All Rights Reserved.