SOMEYAのブログにしか書けない話(1/14〜1/20)

ブログ

USE COMPANYのSOMEYAが書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら,何をしているのか,至極私的な内容をお知らせしたいと思います。(@someyatama

2019年から常体(だ・である調)で執筆していますが,特に怒っているわけではありません。それでは「個人ブログでしか書けないようなチラ裏系の話」をお送りいたします……。

[voice icon=”https://usecompany.work/wp-content/uploads/2018/08/someya.jpg” name=SOMEYA type=”l”]

『龍が如く 極2』をクリアできました!

[/voice]

1月14日(月)

8時起床。ひたすら記事を書き続ける。社会が動きにくい連休は,企業との連絡も減るため,仕事が一気に捗る。というのを考えると,まだまだ社会に翻弄されているなと自覚する……。

村上春樹さんの『職業としての小説家』を読む。ずっと読みたいと思っていて,ようやく読めた(発売されたのは2016年だったみたい。恐ろしいくらい時間が経つのが早い)。

僕も10代,20代前半と典型的なハルキストだったので,料理をしている自分に酔ってみたりしたものだ(顔から火が出るほど恥ずかしい過去。火は出ないけれど)。

村上春樹さんは調子が良いときも悪いときも原稿用紙10枚分を書くのを続けている。僕は自分の仕事のやり方を人に説明するとき(聞かれたとき),彼の方法をたとえに使うことが多い。

僕自身,良いときもそれ以上やらず(新しいことを考えたりはする),悪いときも(極力)定量をこなしている。僕は天才には遠いけれど,一定の結果を出すにはこれがいちばん合っている気がする。

夜,『龍が如く 極2』。あと数日でクリアできそうだ。

1月15日(火)

9時起床。昨日の仕事の続きをはじめる。今日は連休明けということもあり,メール対応なども増える。いつもひとりだけれど,こういうときはどうしたって社会を感じる。

夕方,出社。ちょっと前まで「HTML?」という感じだったWebマーケティング担当者が「h4」(Webを記述するときに使うタグのひとつ)と言っていて,すごく努力しているのがわかる。

個人的に,Webマーケティングの人もHTMLやCSSなどWebのマークアップ(記述)について理解しておく必要があるし,デザインの人もSEOの視点を持っておくのが大切だと思う。

少しずつ社内の人の顔と名前が一致してきた(覚えた頃に離脱してしまうのが難点だけれど)。

職人のような「◯◯と言ったらこの人」というのももちろん大切だけれど,その知識を持っている上で縦横無尽にジャンルを行き来できる知識や経験が求められそうだ。

夜,『龍が如く 極2』。エピソードがひとつ佳境に入る。

新堂冬樹さんの『帝王星』を読み始める。『黒い太陽』『女王蘭』に続く「キャバクラ三部作」(?)の完結編,藤堂観光とタチバナカンパニーの行く末が気になる…。

1月16日(水)

7時起床。ここのところ滞っていた個人運営サイトに記事を追加する。あっちをやればこっちが滞るというなかなか大変な作業である(知ってはいたけれど)。

ただ,定期的にメンテナンスをしてWebサイトを育てるという感覚は嫌いじゃない。じゃなきゃ何年もできていないと思う。法人でも同じように淡々と続けていきたいなと思う(地味な作業)。

夕方,品川スキンクリニックに行く。今年は脱毛や美容整形について自分で体験したいという気持ちがある。ただ,なかなか世間的には受け入れられないようだ。

最初は軽いものからということで,脱毛やほくろ除去のようなものからやってみようと思う。

今回は背中にあるほくろ2箇所を取ってもらうことにした。ひとつは8mm(けっこう大きい!),もうひとつは4mm。合計で5万円くらいだった。

最初に助手の方から各処置のメリットやリスク(炭酸ガスレーザーの場合は再発しても保証がないなど)の説明を受ける。

実際にどの方法で処置するかは「先生と相談しましょう」ということで,結果,炭酸ガスレーザーで処置することになった。

麻酔の注射をほくろ周辺にして,炭酸ガスレーザーをあてる。4mmの方はほんの数秒で終わった。

8mmの方は根が深いということで再発するかもしれないとのことだった。色素が残りそうなところはシミ取りに使うレーザーを使って処置してくれた(これはおまけとのこと)。

僕はなんとなくきれいになればそれで良かったので,十分満足である。

夜,USE COMPANYの3人で食事。社長・尾川氏が辞めたいとのことだった。仕方ない。

1月17日(木)

8時起床。Webサイトごとに1, 2週間分の記事を書いていることもあり,制作ペースに余裕が出てきたことに気づく。ここで気を抜くとあっという間に仕事に追われるので,淡々と進めようと思う。

年明けからはじめた「沖縄関連のメディア(仮)」の記事が滞っている。どこかのタイミングで一気にアクセルを踏み切りたいと思う。慣れない系統のメディアはいつも最初苦戦する…。

西村賢太さんの『一私小説書きの日乗 憤怒の章』を読む。彼の著作を読むと,無性に「宝」を飲みたくなるのが不思議だ(おそらく飲んだことないのだけれど)。

夕方,TSUTAYAへ。次はどうやって会社の売上を上げていこう(特にこれといった不安はなく,やりたいことの優先順位をつけると)などと考えながら五反田の街を歩いていた。

夕食,マクドナルドで食べようと思うも,前日の夜もマクドナルドでマックフルーリーを食べたことに気づき,コンビニに変更した。どちらにしても安上がりな日々だと思う。

夜,『龍が如く 極2』。あと2日で終わりそうー。

1月18日(金)

9時起床。昨日の仕事の続きをする。毎日変わらないことをしている…。

これまでそれなりの数の「仕事の話」を聞いてきて思うのは,プライドが高いけれど実力が追いつかない人ほど「理想と現実のギャップ」に苦しめられて折れてしまうということだ。

「本当の自分はこんなはずじゃない」と思うけれど,現実は厳しく,それを突きつけられると現実から逃げてしまいたくなる。逃げることは悪いことではないので,それはそれで良いと思う。

ただ,口では大きいことを言っているのに行動が伴わない,というのは傍から見ているとカッコ良くないと思う。誰かを責めるというより,自分はそうならないようにと反面教師にするばかりだ。

夕方,集中力が切れたので,いきなりステーキへ。まだランチタイムの名残があったけれど,いつも頼んでいるUSサーロイン300gを食べた。コンビニで追加の食べ物を買って帰宅する(二次会)。

仕事の続き。沖縄向けメディアの記事執筆が軌道に乗ったので,数記事分をまとめて投稿する。これでもまだ1週間分ほど遅れているので,週末のうちに片付けたいと思う。

夜,『龍が如く 極2』。最終章ではやる気持ちを抑える。

1月19日(土)

7時起床。昨日の仕事の続きをする。

最近は「起業」や「フリーランス」など会社に雇われない働き方が注目されているが,僕は3つにわけて考えている。

  1. 自ら率先して仕事をつくって進める人(起業型)
  2. 言われたことならできる人(受託型)
  3. 言われたこともままならない人

3は仕事をする上で論外だけれど,意外と1と2も大きく異なる。

1の人は自ら仕事を進めるいわゆる「起業型」である。2の人は「これをやってくれたらいくら払います」という前提で仕事を受けて進めるので「受託型」だと思っている。

難しいのは,2の人が自分は1もできると思ってしまう点である。しかし,実際にやってみるとわかるけれど,誰かにお願いされる前提で動いている人は,その時点では絶対に1にはなれない。

これは,今回,USE COMPANYをつくったときにも痛感した(悪いというわけではない)。

そして,2の人は「もっとできるはずの自分」に葛藤するという流れだ。僕は「雇われ慣れ」という言葉を使うけれど,この意識の差はきわめて大きいと思っている。

夜,『龍が如く 極2』クリア。さっそく『龍が如く3』(リメイク版)もはじめた。(Amazonのレビューを見て不安になったけれど)PS3のときと比べてだいぶキレイになっている気がする。

当時は,沖縄のことなんてほとんどわからなかったので,今回は琉球街(沖縄那覇市の国際通り近辺)を思う存分歩き回ってみたいと思う。

今回,『龍が如く3』を選んだけれど,「キムタクが如く」と呼ばれる『JUDGE EYES:死神の遺言』も早くプレイしたい。そして『キングダムハーツ3』も…(仕事量を減らそうかな)。

1月21日(日)

9時起床。昨日の仕事の続きを進める。日曜日は更新すべきWebサイトが少ないため,気ままにWebサイトの手入れなどをすることが多い。盆栽を育てているのと似ているのかもしれない。

夕方,代官山のサロンへ。施術を担当してくれた方が思ったより近い分野にいる方で驚いた。こういう仕事は個人でお客さんをつけると本当に強いと思う。

帰宅後,Webサイト用の記事を書く。比較的テンプレに近いものをつくっていたため,『ミナミの帝王』を流しながら作業した。2週間分の記事を流し込む(早く収益化できるといいと思う)。

夜,『龍が如く3』。琉球街が思った以上に国際通り近辺にそっくりだったのでうれしい。

国際通りにある「スターバックスコーヒー」が「やんばるコーヒー」になっていた。ゆいレールの美栄橋駅辺りから松山あたりまでが描かれていそうだ(2回目のプレイだけれど印象がまったく違う)。

今週のEtude. まだまだ作品数が圧倒的に少ないので,呼吸するように作れるようにならないとと思う。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

  2. サブスクリプション時代に欠かせないカスタマーサクセスと営業職の関係

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月13日号

  4. 転職先の職場で働きはじめたときに気を付けたいこと

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月6日号

  6. 「日給制」と「月給制」の違いは?「日給月給制」や「月給日給制」なども解説!

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『会社を辞めない起業』私自身も悩んだテーマについて書かれた本

  2. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  5. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  6. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

TOP