USE COMPANY OFFICIAL SITE

SOMEYAのブログにしか書けない話(2/4〜2/10)

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

USE COMPANYのSOMEYAが書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら、何をしているのか、至極私的な内容をお知らせしたいと思います。(@someyatama

2019年から常体(だ・である調)で執筆していますが、特に怒っているわけではありません。それでは「個人ブログでしか書けないようなチラ裏系の話」をお送りいたします……。

2月4日(月)

9時起床。2月から運用をはじめたWebサイトが情報をまとめるポータルよりのサイトのため、毎日淡々とサービス情報をまとめている(もちろんキュレーションサイトのようなものではない)。

昔から1日1つ何かをこなすのは苦手ではない(どちらかというと得意)ので、このまま続けようと思う。半年後には約180件、1年後には365件の情報を網羅できることになる。

これに追加してWebコンテンツ(いわゆる記事)を使って集客をしようと思う。

昼、出社。オウンドメディアやアフィリエイトを使ったWebマーケティングの話を進める。アフィリエイトが少しずつ形になってきたのが自分のことのようにうれしい。

他人と仕事をするのはあまり得意ではないけれど、ひとまわり、人によったらそれ以上年下の方たちと仕事をするため、いつも以上に気を使うようにする(害がなければ良いのだけれど)。

夜、執筆。1日の作業量を決めておけば、とりあえず何も考えなくても10日経てば10日分の進捗があるのがうれしいところだ。このくらい思考停止している。

2月5日(火)

8時起床。昨日の仕事の続きを進める。

夕方、五反田のTSUTAYAに行く。ようやく『ミナミの帝王』が30巻くらいまで来た。『ヤミ金ウシジマくん』しかり、お金の欲望からトラブルに巻き込まれた人々を描いた作品が好きだ。

夜、社長の稗田氏と食事。「風邪の引きはじめだけど、このラインで止めるのが得意」というよくわからない特技を持っているそうだ。体調もあるため、1時間半程度で切り上げて帰る。

全体的な仕事を進めるのは、どちらかというと僕のほうが(現時点では)得意だけれど、人材業界のことでは圧倒的に彼の方が知見があるため、わからないことはすぐに聞くようにしている。

稗田氏とは住んでいる場所が近いため、2人のときは目黒駅周辺で食事をすることが多くなった。この日入った「個室居酒屋 燻製工房 目黒店」はおいしくて安く驚いた(何より店員さんが丁寧だった)。

帰宅後、仕事。法人をつくって半年くらいが経ち、ようやく人間ひとりくらいが生活できるのかなという水準(この基準は人によって異なるけれど)まで売上ができたきた。

今日やることを淡々とこなし、直すべきところを改善して、新しいことをはじめる。この繰り返しをやっていこうと思う。というのは決して苦ではないので良かった。

2月6日(水)

8時起床。昨日の仕事の続きを進める。月の上旬は、新しく始めた仕事が多くなるため、どうしても追われがちになる。中旬くらいから少し落ち着いてきて、翌月やることを考えるようになる。

そして、下旬になると具体的に翌月やることが決まり、月が変わるタイミングで動きはじめる。という流れでWebサイトなりをはじめることが多い。

ということで、今はちょうど新しいWebサイトの記事を流し込んでいる時期。ちょっと大変ではあるけれど、ひとつずつを積み重ねていく作業は、先を意識できるようになると意外と楽しい。

昼、美容室に行く。最近はホットペッパーで初回客のクーポン目当てのお客さんが多いと言われる。僕はリラクゼーションサロンだと「いつも行くところ」と「新しく行くところ」を分けている。

ただ、美容室(ヘアサロン)に関していうと、ここ最近はいつも同じところに行っている。視野が狭くならないことを考えると、新しいところも半分くらい行った方が良いのかと思うようになった。

さすがに同じ美容室で違う美容師を指名するのは抵抗があるので(指名替えみたい)、別のお店を探してみようと思う。

2月7日(木)

9時起床。昨日の仕事の続きをする。毎日同じことの繰り返しをしているけれど、この繰り返しは意外と大きな結果を生んだりするから侮れない(気づいたときには追いつけないくらい大きくなる)。

夜、K氏と食事(『こころ』ではない)。普段、食事をするときはあらかじめ店を決めることが多いけれど、あまり決めない方が良いという事前の情報があったため、歩きながら決めることにした。

珍しくお酒を飲む。仕事の話などをしていたら、気づいたら4時間くらい経っていた。

帰宅。ひどく酔ってしまった。普段、めったに食べることはないカップラーメンを買って食べる。アルコールを摂取すると、胃が限界を知らなくなるのが怖い…。

2月8日(金)

12時起床。昨夜、帰宅後、さらに食事をして夜更かししていたら昼頃まで寝ていた。ここまで遅くまで寝ていたのは久しぶりのため、慌てて仕事をする。

夕方、メンズ脱毛のセミナーに参加(広告向け)。美容エステの「脱毛」とクリニックの「医療脱毛」の違いもわからないレベルだったので、とても有意義だった。

メンズ脱毛は近いタイミングで利用しようと思っていたので(だからこそWebサイトを作ろうと思った)、今後実際に利用したいと思った。

セミナーに参加しているのは、いわゆるアフィリエイターと呼ばれる人たちだ。後半、実際にクリニックに行って写真撮影や質問ができる時間があった。ただ、この質問に奇妙なものが多かった。

なんというのか実際に使った方が早いかもしれないという質問が多いのだ。

あくまで個人的な経験だけれど、実際にサービスを使ってその体験からコンテンツを作った方が、サイトの伸び率が高いと思っている。せっかくならここにお金を使った方が、高い結果が得られそうだ。

というのを考えると、やはり1円もお金を使わずに何かをしようという人は、思っているより多いのだと感じさせられる。でもコンテンツを読んだ人にはお金を使わせるというのがまた闇深い…。

2月9日(土)

11時起床。2日続けて遅くまで寝ていた。久しぶりにお酒を飲むと生活リズムに与える影響が大きいことを知る。また、アレルギー反応を起こしてしまうのも辛いところだ…。

世間は今日から3連休。月曜日が休みだと、周りが休んでいることもあり、ボーナスをもらった感覚になるのは僕だけだろうか。普段週2日分ずつ差がつくところ、週3日分差がつくというのは大きい。

「差がつく」というと語弊があるけれど、勤務日数(ここでは勤務時間とほぼ同義)が多いほど、仕事ができる量が増えるのは当然である。そして、この積み重ねが報酬になって返ってくる。

また、企業が休みだと連絡を取る回数も減るため、個人的に仕事を進めやすいという利点もある。ということもあり、以前より休日のありがたみを感じるようになったと思う。

2月10日(日)

8時起床。夕方から外出するため、一気に仕事を進める。

社長の稗田氏からもカフェ?で仕事をしているようだ(タスクが飛んでくる)。彼の場合、自宅だと仕事ができないため、カフェなどで仕事を進めるそうだ(僕はあまり得意ではない)。

西村賢太さんの『一私小説書きの日乗 野性の章』を読む。彼の日記を読むと、無性に「宝」が飲みたくなる(お酒飲めないのに)。また、不意に「買淫」という表現が出てくるのも面白い。

また、買淫の帰りに喜多方ラーメン大盛りを食べるのもほんの一文なのに妙に惹かれたりする。

個人的にキャバクラの黒服が「僕も宝飲んでます」と街で彼に声をかけるシーンが印象的だった。こういう「読んだ人だけわかる」というのは、なんとも良いものである。

夜、目黒のリラクゼーションサロンへ行く。前回、セラピストの方がインフルエンザにかかってしまったということで、このお店は約1ヶ月ぶり。160分、意識が落ちるくらい至極の時間だった。

今週のEtude.

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2019 All Rights Reserved.