SOMEYAのブログにしか書けない話(3/4〜3/10)

ブログ

USE COMPANYのSOMEYAが書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら,何をしているのか,至極私的な内容をお知らせしたいと思います。(@someyatama

2019年から常体(だ・である調)で執筆していますが,特に怒っているわけではありません。それでは「個人ブログでしか書けないようなチラ裏系の話」をお送りいたします……。

3月4日(月)

12時起床。少し仕事を進めて出社する。

2月のアフィリエイト施策(広告主側)が目標を大きく上回ったとのことで良かった。多すぎてさばき切れないという「うれしい悲鳴」状態になるのが懸念点になるようだ。

3月の目標値は,個人的に6月くらいの目標になるかなと思っていたくらいの高さで少々驚く。ただ,淡々と自分ができることをこなそうと思う。

帰宅して仕事を進める。3月から始める予定の「男性美容サイト」のキーワードを洗い出す。人材系と同じように展開できそうで良かった(まだやっていないけど)。

3月5日(火)

10時起床。昨日の仕事の続きをする。

ASPから「メンズ脱毛」の資料をもらったので,これを元にコンテンツ制作を進めたい。脱毛サイトは初めての試みなので,どうなることやら…。

夕方,外出。最近読んでいる『SAVE THE CATの法則』を読み進める。映画脚本の書き方についての本なのだけれど,これが非常に参考になる。

文章は何も考えずに書き進める人もいれば,プロットなりを立てて書きたい人もいる。僕は典型的な後者だ。Webサイトを作るときもすべて構成を作ってから書き始める。

構成を作らずに書き始めるといったら,この日記くらいかもしれない。それでも「日にちごとに区切る」「週に一回投稿する」といったルールは自分で決めている。

夜,稗田氏と食事。注文したものがなかなか出てこず,同じビルに入っている別の店に行こうと思ったくらいだった(そちらは混んでいるようなのであえなく断念…)。

注文したものが通っていないなどミスがあるのは仕方ないことだとは思うけれど,それを隠そうとしたりすると一気に心証が悪くなる。事実,僕はこの店に行くことはないと思う。

帰宅後,仮眠。

深夜起きたあと,仕事を進める。

3月6日(水)

13時起床。最近また朝方に寝るクセが付いてしまった…。

昨日の仕事の続きをする。いよいよ「男性美容サイト」の記事に着手。メンズ脱毛の某クリニックについて記事を書くも,初めてのことで時間がかかる…。

ここでテンプレをしっかり作っておくとあとが楽なので,踏ん張りどころだ。今回,ASPの方がとても協力してくれるので,数カ月後くらいに結果が出るといいなと思う。

夜,仮眠。

深夜起きたあと,仕事を再開する。

3月7日(木)

10時起床。昨日の仕事の続きをする。僕は一度に大量の仕事をするタイプではないので,毎日決めた分だけ進める。そして,1ヶ月,3ヶ月,6ヶ月,1年でどれだけできるかを見ている。

よく言われる「1日1記事でも1年続ければ365記事になる」というあのタイプだ。ただし,実際は闇雲に365記事書いても,生活できるようにはならないと思う。

そこには,市場を読んだり,成約に近い記事を選ぶというマーケティングのスキルも必要になる。これらができるようになった上で継続すると,大きな力になる。

経験上,これらふたつができる人はあまり多くないように感じる。たとえば,ウチの前の社長はマーケティングの知見はそれなりにある風を装っていたけれど(今となっては結果が出ていないので,知識があるのかも怪しいけれど),何かと理由をつけて継続することは難しい人だった。

反対にいわゆる「雑記ブログ」を始めたばかりの人は,「とりあえず続ける」ことはできても(おそらく3ヶ月くらいで息切れすると思う),それが満足のいく収入に直結することはまずない。

というところで,「やっぱりダメか」と諦めるか,自分にないものを認めて克服できるかで,その先は大きく変わる。

夜,焼肉。

雨がたくさん降っていた。雨の中,出かけるに値する用事というのは少ない。

仮眠後,仕事を進める。

3月8日(金)

11時起床。昨日の仕事の続きをする。

今,「男性向け美容サイト」に着手しているということもあり,「メンズ脱毛」について調べることが多い。ゴリラクリニック,湘南美容クリニック,メンズリゼなど勉強になる。

そもそも「メンズ脱毛だけに特化したサイトをつくった方が良いのではないか?」という意見もあるけれど,僕たちもそれについて話し合った(といってもほぼ僕が意見していた)。

結果,サイトとして力が付きやすいのは「総合サイト」であるという数値を見て(←これは意外だった),総合サイトに舵をとった。

といっても,まばらなジャンルに手を出しても仕方ないので,1年くらいは「メンズ脱毛」の記事だけをひたすら埋めていこうと思っている。そのあと,横展開するという方法だ。

夕方,図書館に行く。図書館では「起きてから読む本」と「寝る前に読む本」を約10冊借りている。余談だが,ほかに移動中に読むKindle本がある。こちらは発売されてすぐの本であることが多い。

仕事の時間を多少使ってでも本は読みたい。本を読むとどうなるかはわからないけれど(よく議論するけれど),僕は個人的に読んでいたいなと思う。

3月9日(土)

16時起床。朝,昼と起きたけれど,花粉のせいか,花粉の薬のせいか,仕事の疲れかわからないけれど,とにかく眠い…。まったく眠気がなくなるまで寝てみようと思ったら夕方だった。

どうせ今日は断食をする日だし,遅くから始まった方が有利だろうと思ったら妙にお腹が空く。

仕事もイマイチ軌道に乗らない。

思うように進まず,食事をすることにした(こういうときは来週2回断食をする)。近所のセブンイレブンに行って,スパゲティなど普段めったに食べないものを買い込む。

たまにはこんな日もあるのだなと納得してしまうほど不調な一日だった。

本を読んで寝よう。

3月10日(日)

12時起床。花粉の薬を飲むと,眠くて生活リズムが乱れる…。

昨日の仕事の続きをする。1月から着手している新卒系のWebサイトについて,ロングテールで拾っていた記事が徐々に上位表示できるようになってきた。

日々動向を伺っていたけれど,約2ヶ月くらいで評価されたことになる。といっても,これが早いのか遅いのかはわからないけれど(個人的には満足できる結果だ)。

僕はいわゆる「ビッグキーワード」と呼ばれるもので上位表示するのがあまり得意ではない。実力というのもそうだけど,ぼんやりした回答が苦手なのだと思う。

その分,ユーザーの悩みがはっきりしているキーワードの場合は,比較的得意な方だと思う。悩みがわからなければ答えようがないというのが近いのかもしれない。

夜,目黒のリラクゼーションサロンへ行く。セラピストの方にお菓子をいただく(ありがたい)。人間関係の話を聞く。どの職場も裏では大変なのだと思う。

帰り,マクドナルドで食事。以前,小室哲哉さんの事件のとき,妻のKEIKO氏が「お金がなくて毎日マクドナルドで食事をしている」というコメントをしていた。

当時,「あれ,毎日マクドナルドってけっこうお金がかからないか?」と思ったのを覚えている。あれから10年くらい経った今もその感覚が変わっていない。週末の褒美に近い存在だ。

帰宅後,仮眠。

起きて,明け方まで仕事をしていた。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    半グレ・関東連合についてよくわかる本まとめ

最近の記事

  1. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月11日号

新着 オススメ 特集記事
  1. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月11日号

  4. 試験用はこれで十分「CASIO 腕時計 スタンダード F-84W」

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月4日号

  6. 令和2年度(2020年度)宅建試験を受けてきました

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  2. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  3. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  4. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  5. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

  6. 『ハック思考〜最短最速で世界が変わる方法論〜』2ステップでハックする

TOP