USE COMPANY OFFICIAL SITE

SOMEYAのブログにしか書けない話(4/15〜4/21)

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

USE COMPANYのSOMEYAが書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら、何をしているのか、至極私的な内容をお知らせしたいと思います。(@someyatama

2019年から常体(だ・である調)で執筆していますが、特に怒っているわけではありません。それでは「個人ブログでしか書けないようなチラ裏系の話」をお送りいたします……。

4月15日(月)

8時起床。仕事を進める。滞りがちな執筆作業を優先する。

昼過ぎ、出社。すごく調子が良かったと思っていたアフィリエイト施策も、高くなった「目標」により未達になってしまいそうだ。担当の方が焦っているように感じる。

ちょっと前は自社でWeb集客できなかったということを考えると大きな進歩だと思うのだけれど、やはりそうは言っていられないのが会社なのかもしれない。

プレッシャーに負けず、今できることを淡々とこなしてほしいと思う。もちろん僕ができることは全力でサポートしようと思う。それにしても優秀な方々だと常々感じる(すごい)。

夜、稗田氏と食事。仕事の進捗について共有する。今日は一日単位の売上発生で最高を記録した。「自分の最高」が更新されると、徐々にそれが「自分の平均」になって、「自分の下限」になる。

誰かと競争するのではなく、自分と向き合うようにすると、余計なノイズに振り回されることがなくなる。Web広告もマウントの取り合いが多いため、そういうところには関わらないようにしたい。

帰宅後、睡眠。

4月16日(火)

8時起床。今日は沖縄に行く。予定より1時間早く起きられたので、定時まで仕事を進める。

東京駅からアクセス成田に乗って成田空港へ。まったく眠くなかったので、バス車内で執筆作業を進める。アクセス成田のターミナル停車順が3→2→1になっていた(これまでは1→2→3)。

終点まで乗っていれば良いという感じで乗っていたら、乗り過ごしてしまった。ターミナル1からターミナル3に移動するためのバスに乗る(外国でよくやらかすミスを思い出す…)。

チェックイン、保安検査を終える。ほとんど待ち時間がなく搭乗時刻になる。

飛行機の車内も執筆作業を続けていた。

沖縄到着。あいにくの雨模様だった。

ホテルにチェックイン。すごくきれいなホテルで良かった。おそらく次回以降も使うと思う。

エステ店の予約がとれたので行く。

100分、極楽な時間だった。

夜、ステーキを食べる。新人さんがたどたどしい接客でメニューを聞いてくれた。先輩が怒っているのを聞いて「なんで怒るんだろう?」と思った(そこは褒めた方が良さそう)。

ホテルに戻って寝る。

4月17日(水)

9時起床。仕事を進める。昨日の移動日にできなかった借金分を取り戻す。

夕方頃、「那覇歴史博物館」に行く。常設展、企画展合わせても小さな展示だったけれど、那覇の風俗がわかる良い展示だった。沖縄の女性は、手に「ハジチ」と呼ばれる刺青をしていたそうだ。

明治30年頃からハジチを禁止し、琉装から和装に変更、標準語を励行するなど日本化を進めたという記述を読んだ。少しもったいないなと思った(特に琉装は素晴らしいと思う文化なのに)。

夜、マクドナルドで食事。目の前にいた2人組の女子高生が「東京に行く」話をしていた。「渋谷から原宿って遠いのかな」「どのパンケーキを食べよう」など、超青春な会話をしている。

飲み物で頼んだ「野菜生活」に異物が混入しているからか、ものすごく消毒みたいな味がする。一応、店員さんに言ったけれど、「はあ…」という感じだった。大丈夫か……!?

帰宅後、執筆作業を進める。

4月18日(木)

8時起床。ホテルチェックアウトの日。

朝、お風呂に入ったりゆっくりし過ぎていたらギリギリになってしまった…。

次のホテルのチェックインまでスタバで仕事。途中、年配の方が話しかけてきて気が散ってしまった。気持ちはわからないでもないけれど、できれば違う方のところに行ってもらいたい。

結局、カップルを見つけて、自分が40年前に何をやっていたのかという話をしていた。本当に気持ちはわからないでもないのが切ないけれど、できれば自分はそうならないように気をつけたい。

ホテルチェックイン。10回目の宿泊ということで記念品をいただく(といってもウェットティッシュだけど)。そんな泊まっていたのだなと思う。

夕食の時間帯まで仕事を続ける。執筆がだいぶ進んだ。これで借金帳消しになった。

夕食時、国際通りに出かける。久しぶりに「やっぱりステーキ」に入る。値段の割においしいな思う。同時に「いきなりステーキ」ってやっぱりスゴいなと感じさせられる。

2件目、ホテルの近所にある店で沖縄そばの玄米麺を食べる。おいしい。

部屋に戻って仕事を再開。久しぶりに食べ歩きをした感じがした(といっても夕食だけだけど)。

4月19日(金)

9時起床。日記を書く。昨日、スタバの机で作業したのがやりやすかったため、(普段はカフェで仕事をすることはあまりないけれど)国際通りにあるスタバに行く。

14時頃まで仕事をする。使っているMacBookの電源がだいぶヘタって来ているため、一日使っても大丈夫なはずのMacのバッテリーが10%台に…。もうそろそろ替え時だと思う。

隣に座っている方が宅建の勉強をしていた。僕もその人も飲み物をおかわりするくらい長時間&集中して作業(勉強)していた。

退店。国際通りを歩く。贅沢な時間だなと思う。

こういう「贅沢な時間の使い方」は意外と穴場なのではないかと考えるようになった。ただし、観光ガイドのようなものではなく、もう少しニッチなジャンルに絞ったらいろいろできそうだ。

昨日と今日で合計6回、入浴する。使い切りの入浴剤を買って、少し高めのフェイスパックを買って、東京から持ってきた美容液のサンプルを使う。

沖縄に来て、肌がすごくキレイになった。といっても、沖縄と因果関係があるわけではなく、「夜も顔を洗ってから寝よう」と決めたからだ。

これまで仕事をすることにほとんどの時間を割いてきたけれど、今後はこういうところにも時間を使うようにしたいと思うように(ここ数日で)なった(それも仕事にするとは思うけれど)。

夕方、エステに行く。短期間で二回目だった。

夜、ステーキを食べに行く。店員さんたちが「いつもありがとうございます」と覚えてくれていたのがうれしかった(たしかに毎月のように行っている)。スタンプカードもいただいた。

4月20日(土)

8時起床。今日は沖縄から東京に戻る日。毎度ながらあっという間だった。特に今回は寂しい気持ちが強い。また、すぐにでも沖縄に来たいと思う(ゴールデンウィーク明けくらい)。

ホテルをチェックアウト。雨が降っていた…。

那覇空港到着。搭乗時刻まで執筆を進める。

飛行機内、仕方ないのかもしれないけれど、統制する立場にあるCAは、臨機応変に対応できないものなのだなと思うことが多々ある(ホテルとは真逆の対応だ)。

よくある(4G回線の)スマホは許されるけれど、タブレットは(セルラーモデルではないのに)許されないなど(中身はスマホより無害なはず)不思議なことが多い。

たとえば、大型スマホと小型タブレットを持っている乗客は、どのように判断しているのだろうか。できたら、もう少しだけ技術に明るい人がいてもいいなと思う。

と思いはするものの、普段はごく普通の人間、年収ゾーンを考えても高望みをするのは難しいというのを考えると、こちらが変えるしかないのだろうか…。

4月21日(日)

9時起床。仕事の続きをする。

昨年の6月, 7月あたりに着手したウェブサイトがようやく育ってきた感じがする。成長度合いが遅く、かなり心配していたけれど、単価が高い案件が多いので良かった。

「サイトが育つまで時間がかかる」というのは今に始まったことではない。

こういったことを気にするヒマがないほど、次から次に新しいことを始めた方が圧倒的に効率が良い。その中で出た芽を伸ばしていく。残念ながら育たなかったものは撤退する。

有名ブロガーが本当は大したことがないというのはよくわかる。けれど、そんな彼らが何を失敗したかを揚げ足を取っていては、彼らと同じになってしまう。こういうのはやらない方が良い。

誰かを責めたりするのではなく、自分が正しいと思っていることを続けたいと思う。

夕方、TSUTAYAに行く。『新選組!』の続きがなくて困った…。

「返却はされているけれど、陳列棚にない…」というパターンだった。僕もレンタルショップで働いていたので、このパターンの闇深さは痛いほどよくわかる。仕方ない、また来よう。

リラクゼーションサロンに行く。150分のオイルマッサージを受けた。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2019 All Rights Reserved.