USE COMPANY OFFICIAL SITE

SOMEYAのブログにしか書けない話(9/2〜9/8)

SOMEYA
WRITER
 
SOMEYAのブログにしか書けない話(9/2〜9/8)
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

USE COMPANYのSOMEYAが書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら、何をしているのか、至極私的な内容をお知らせしたいと思います。(@someyatama) 2019年から常体(だ・である調)で執筆していますが、特に怒っているわけではありません。それでは「個人ブログでしか書けないようなチラ裏系の話」をお送りいたします……。

9月2日(月)

午後12時起床。仕事を進める。9月に入って最初の平日だ。 僕は毎日やることを1ヶ月分くらい書き出して、それにそって仕事を進めている。「そんなので面白いの?」と言われるけれど、個人的にはそれほど苦痛には感じていない。 それよりも地図を見ないで、近距離、中距離、長距離に打点を打たないで走り出すほうがよっぽど怖い。今日やること、今週やること、今月やることを続けた結果、数カ月後の自分ができている。 そして、これが積み重ねると意外と大きな効果が得られたりする。 僕はこれによって得られる「効果」がけっこう好きなので、仕事をすることが多い。 夕方、ジムに行く。 夜、上島珈琲店に行く。今、僕は固定回線のない部屋に住んでいるため、重た目のファイルをやりとりするときにはインターネット回線が必要になる。 ちなみに部屋に光回線は来ていて(前の住人?)、モデムも置いてある。しかし、不動産屋の方に伝えたところ、まったく理解してもらえなかった。 「ネット回線がわかる方に変わってほしい」旨も伝えたが、それも無理だった。 いろいろ難しい世界だけれど、こういったおかげで生活できるのだと思うことにしている。

9月3日(火)

午前10時起床。仕事を進める。新しくつくり始めたサイトのうち、小規模に特化させたサイトの記事を1日5記事ペースで1ヶ月間入れていくことにした。これで通常時より約80記事プラスされることになる。 おそらくこのくらい投下することで、一通り商標周りは網羅できそうだ。そのあとは、ジャンル周りのキーワードを攻めていく形になる。 昼過ぎ、ゴリラクリックに脱毛に行く。今回は初めて「塗り麻酔」を試す。 予定の時間より30分前に行き、トイレで麻酔を塗る。 結果はというと、VIOはやはり痛かった……(麻酔が効いている感覚はあるけれどそれでも痛い)。 一方、腕やワキは麻酔をしなかったにもかかわらず、マッサージされているほど気持ちよかった。 https://twitter.com/someyatama/status/1168813168723775488 https://twitter.com/someyatama/status/1168813424110751744 『サードドア―精神的資産のふやし方』が面白い。 Amazonを見ると、「思っていたのと違う」という理由で「星1つ」をつけているレビューが上位に表示されていて、興味深いなと思う(いろいろな読解をする人がいるものだと思う)。

9月4日(水)

午後12時起床。仕事を進める。 Webサイトをつくるとき、「1サイト集中」か「多サイト同時並行」かというのは永遠の課題だ。インターネットを見ていてもたくさん話題に上がっている。 僕は100記事以上くらいの規模ならいくつかのサイトを同時につくることが多い。自分の確率の低さを知っているので、とりあえず手を動かそうというところだ。 ある程度調べて「これならイケる」と思っても「思ったより結果が出ない」ということはザラだ。さらにそのとき結果が出なくても、のちのち実力が付いてくることもある。 このようなことに一喜一憂しているヒマはない。 一方、企業に入ってWebマーケティングの仕事に携わっていると、いわゆるスタートアップ系でも意外とスピード感がないんだなと感じることがある(もちろんだが反面教師にしている)。 ただでさえ多人数がかかわると動きにくくなるところだ。今日決めて、今日動き始めるくらいの機敏性があっても良いと思うのだけれど、そうはいかないところが多いらしい。 夕方、ジムに行く。 焼き鳥屋で食事。以前からよく行っているお店でおいしい。「何の仕事をしているんだろう?」というお客さんが多かった(人のこと言えない)。

9月5日(木)

午後12時起床。起きる時間がだいぶズレてきた。 夕方まで仕事をする。これで一日の仕事量が終わるようになるとだいぶ楽だ。8月から着手しているサイトがだんだん形になってくるのがうれしい。1日1記事でも書いていれば、自然と記事数が溜まってくる。 すぐに効果が出るわけではないので、ある程度形になったら、別のサイトに着手すると余計なストレスを抱えずに済む(少ないアクセスを眺めていても何も始まらない)。 ジムに行く。そろそろ新しいジムを探さないと……。 仮眠。 夜中、仕事を進める。どうしても夜に仕事をすると捗る。これが夜型生活の始まりだ。

9月6日(金)

午前11時起床。仕事を進める。僕は個人と法人を合わせると約20個くらいのWebサイトを運営している。

Webサイトを運営している人なら「20サイトくらい大したことない」と思うかもしれないけれど、僕はいわゆる「ペラサイト」を作ることはほとんどなく、基本的に100記事以上のサイトをつくることが多い。

最近のペースとしては、週5記事を1年間ほど投稿したあと、週1記事+リライトということが多い(少し前までは週7記事だったけれど、考える時間があると良いということに気づいた)。

1年経つと約260記事の規模になっている。もちろんすべてがキレイに離陸するわけではないし、失敗するものもあるけれど(失敗の定義はそれぞれ異なる)、大体はこのようにして続けている。

と考えると、20サイトの規模感が伝わりやすいと思う。

ただ、これらすべてのサイトは常に全力で動いているわけではなく、そのときどきの状態を見て、手を入れるサイトを決めている。ちょうど盆栽を育てるのに近いのかもしれない(知らないけれど)。

僕はこういう地道な作業にも似た工程が苦痛ではない(どちらかというと楽しい)。

休憩がてら上島珈琲店に行く。インターネットが高速で助かる。

仮眠。

仕事に戻る。深夜は調べ物が捗る。気づいたら午前8時になっていた。

9月7日(土)

午後1時起床。朝まで仕事をしていたので、起きたらお昼だった。

仕事を進める。土日はルーチンワークをできるだけ入れないようにしているので、新しい施策などを考えたり、実施するのに当てられる。

今日はテック系サイトに着手した。デザイナーさんにあらかじめ制作依頼しておいた納品物をつかって、記事のリライトと見栄えを変える。

こういった作業も1日1記事(1週間で5記事分)といったようにペース分配することで、日々不可を感じずに長期的に効果を出すといったことが可能だったりする。

今年の目標のひとつは昨年作ったWebサイトをパワーアップさせることだ。ひととおり離陸はできたので、筋トレをしてさらに筋力をつければ、より大きな収益を出してくれる(と思う)。

ジムに行く。

帰宅後、仕事。ダウンロードしておいた動画を一気に見てしまうほど作業が捗った。

9月8日(日)

午前11時起床。仕事を進める。四半期ほど放置していたWebサイトに手を入れる。

個人運営の人材系サイトだ。「たった四半期」と思っていたにもかかわらず(しかもニュースで日々エージェントの動向はチェックしていた)、浦島太郎状態になっていた。

1週間かけてメンテナンスをしようと思う。まずはマイナスをゼロにして、プラスにするのはそれからだ。

ジムに行く。どのスタッフさんも本当に親切で利用しやすい。引っ越してからジムを変えようと思っているけれど、ついつい情というか心地よさで使い続けてしまう。

マクドナルドで食事をする。

台風が近づいているということで心配だ。

帰宅後、仕事に戻る。一度波に乗ると気づけば数時間経っているほど没頭できる。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2019 All Rights Reserved.