USE COMPANY OFFICIAL SITE

週刊 SOMEYA BLOG 2020年8月17日号

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

USE COMPANYのSOMEYA(@someyatama)が書く近況報告。ほぼ引きこもりに近い生活を送りながら,何を見ているのかをお知らせしたいと思います。

先週,世間はお盆だと思っていたらお休みは今週からだったそうです。今はベンチャー企業などでは休むタイミングをズラしているところも多いので,周りを見ていると混乱します(笑)。

熱中症のニュースが多くなりました。今年はマスクをしながら熱中症になるという例もしばしば見かけます。きっと目的は「死なない」だと思うので,ここを履き違えると難しそうです。

8月10日(月)

午前6時起床。外があまりに明るくて驚いた。走るのは中止。最近,夜の寝付きが良くなく起床時間だけ合わせていたので,睡眠不足の調整が来たのだろう。また,体調を整えたいと思う。

最近,士業の資格取得にかかる時間を見ることが多い。いちばん参考にならないのは「◯年」というものだ。「年」では,密度が曖昧すぎてしまう。たとえば,僕は中国語と韓国語を学びはじめて1年が経つけれど,学習時間は週に3日ずつの1時間だ。さらに最近はもっと少ない。

中国語だとこのような感じだ。

  • 2019年6月:1時間*30日(30時間)
  • 2019年8月〜2019年12月:1時間*12日/月(90時間)
  • 2020年1月〜現在:30分*12日/月(42時間)

6月は中国語だけ,7月は韓国語だけ,8月以降は中国語を月・水・金,韓国語を火・木・土というように勉強してきた。今年の1月からは宅建の勉強時間が入ってきたので,語学の勉強時間を減らした。

ただ,実際に中国や韓国の方と話す機会が増えてきて,もう少し学習速度を上げたいと感じたため,最近は約1時間まで勉強時間を上げている(正確にはカリキュラムで管理している)。

これで2020年7月までに中国語と韓国語をそれぞれ162時間勉強したことになる。初学者もいいところだ。とは言うものの,初めて触れたときより力は付いている。

1年後に試験があるなどタイムリミットがある場合は,1,000時間などを費やせば良い。ただ,僕は語学に関しては特に試験を意識していないので,あくまで長期的に触れるようにしている。

また,「◯時間」というのも,人によって「密度」が異なる印象がある。

僕は集中して勉強していられる時間は15分だ。これ以上は一服しないとできない。仕事で「1時間経った」というときもあるけれど(Apple Watchが1時間座っているとスタンドのアラートを出してくれる),それも60分ゾーンに入っているわけではないと思う。

僕が勉強時間にカウントしているのは,本当に集中している時間だけだ。そうすると,30分でもかなり密度の濃い時間を過ごせていることになる。

そう考えると,結局,勉強の方法は人それぞれ大きく違うので,参考にする程度に留めた方が良いというのが個人的な考えだ。ちなみに僕は典型的な長距離ランナーで勉強するタイプだ。徹夜などはせず,1日1時間を1年積み重ねて300時間をつくる。これはなかなか効果がある。

8月11日(火)

午前5時起床。外を走る。昨日から行政書士,今日から司法書士の勉強をはじめた。1日タイムラグがあるのは思い立つのに1日ラグがあるからだ。まさか同時に勉強をはじめることになるとは思わなかった。時間を上手く分割して干渉しないようにしたいと思う。

昼,ゴリラクリニックにひげ脱毛に行く。もうほとんど毛がないとのことでレーザーの出力を上げることになり,なかなか痛みを感じる脱毛だった。

帰宅後,企業とWebマーケティングの仕事をする。相手もリモート仕事をしていた。重要なミーティングがあるときは出社してほしいと言われているとのことだった。僕はオフラインの方が良いと思っていることもある。たとえば,現地での撮影などだ。

一方,ミーティングに関しては対面だから何か変わるのかなと思っている(否定ではない)。ということは,僕は重要ではない話題にしか入れない(またはふさわしくない)ということになる。個人的には重要なミーティング(打ち合わせ)もオンラインでやっているつもりだ。

このあたりは企業によって対応が異なるため是非をつけることではない。ただ,僕は自分でこう思うという方法で仕事をする。時代はだんだん変わっていくのだろうか。

8月12日(水)

午前5時起床。外を走る。起床時間がズレてきた。3時だとまだ暗く,4時くらいに起きると外も薄暗くちょうど良い。5時だと日差しが強すぎる。6時は人が出てきてしまう。

僕が行政書士の勉強に使っているのは「合格革命」シリーズだ。

  • スタートダッシュ
  • 基本テキスト
  • 基本問題集
  • 過去問集

など全7冊が出版されている。「こういうのは独学ではなくてスクールに通うもの」と言われたこともあったけれど,僕はスクールに行く考えがなかったので,いつも通りひとりで勉強をはじめた。

Amazonでさまざまなシリーズのテキストや入門本(本シリーズだと「スタートダッシュ」がそれにあたる)のレビューを見ると,概ね「良い」という意見が多いようだ。

一方,低評価を付けている人もいる。たとえば入門本では「これだけでは足りない」といった意見がある。脱毛の初回500円のようなサービスを受けて「これだけでは意味ない」というのと同じなのかなと思った。さまざまな人がいるので,いろいろ大変だ(←便利な言葉だ)。

8月13日(木)

午前5時起床。外を走る。僕はたまにネットニュースのコメントを見る。怖いもの見たさである。ヤフコメは,どんなニュースでもとにかく怒っている人が多い。怒っている人の割合が0.1〜1%でも母数が1億人になれば,10万〜100万人くらいになるのだろう。

彼らとは普段の生活で接点を持つことはないだろうから,彼らがどのような生活を送っているかは想像できない。いや,なんとなく想像してしまうけれどとても書けるようなものではない。

ひょっとすると,普段接している人の中でもネットの中では匿名を武器に豹変してニュースにコメントをしている人もいるのかもしれない。と思ったけれど,普段接している人でそれほどイライラしている人がいるとはあまり思えない(僕はかなり交流する人が限られているはずだ)。

一方,Twitterでは気になるニュース,というより一家言あるニュースをとりあげて「◯◯っていうけど〜」というおなじみのスタイルは健在だ。見ていてあまり心地よくは感じない。

こういうものには蓋をして(たまに見てしまう人間の性よ),仕事や勉強に時間を使うと,何年か経ったとき,不満なんてなくなるのだと感じる。

8月14日(金)

午前3時起床。外を走る。ここのところ,起床時間が遅くなっていたので良かった。外の明るさを考えると,4時くらいに起きるようにすると良さそうだ。いかんせん,朝型生活の素人なので難しい。

昼,美容室に行った。そろそろ美容室を変えようかなと思っている。理由はいくつかあるけれど,そういうときほど意外と快適に過ごせたりするので,躊躇ったりするものだ。

僕は食事をするとき,あまり周囲の声が入ってこない個室,もしくは人が少ないお店を選ぶことが多い。というより,大声を出すようなお店を選ぶことはない(自分で選ぶときは)。

美容室,美容師さんはお客さんによって会話をするときもある。これが意外と耳障りだったりする。たとえば,僕がトリートメント中に手持ち無沙汰で10分程度じっとしているとき,美容師と客の会話がずっと耳に入ってくるのは,けっこうな苦行に感じてしまう。

といったことが重なり,これだけ美容室がある中でここを選ぶ必要もないだろう(僕の滞在地も変わっている)ということで,美容室を変えようと思った。選ぶのも大変だけれど。

8月15日(土)

午前4時起床。外を走る。終戦記念日。1945年に終戦してから75年が経った。

大日本帝国憲法では,国は絶対に過ちを犯さないということになっていた。それが,日本国憲法では国も間違いを犯すことがあるということになった。

個人的なことを言うと,僕は人一倍ミスをすることが多い。日々修正しながら生きている。

今,日本では誰かがミスをすると揚げ足を取るように糾弾される。国の施策もそうだ。揚げ足をとるだけで代替案を出さなかったり,代替案がとんでもなかったりすることも少なくない。それもあってミスをしないように動かなくなる。良く言えば保守的,言い方を変えれば思考停止状態だ。

自分が専門ではないところは,「本当に賢い」(口先だけではない)専門の方に入ってもらって施策を打つ,その人だってミスをすることがあるのだから,失敗したと思ったときは早い段階で軌道修正できるようになったら,もう少し生きやすくなるのかなと思う。もちろん揚げ足取りはなしだ。

みな,他人の失敗に厳しすぎやしないだろうか。

僕は自分が毎日のように失敗を繰り返しているから,他人の失敗を笑うことなどできない。それとも,他人の失敗を指摘する人はそれほど素晴らしい生き方ができているのだろうか。

8月16日(日)

午前5時起床。外が明るい…。走る。

一週間に一度のチートデイだ。6月からダイエット期に入り,1日あたり約1,500kcalを摂取している。1ヶ月で21,000〜30,000kcalを貯金できたことになり,体重に換算すると3, 4kg減量したことになる。

このカロリー制限が意外と心地よいので,今月も続けている。

ただ,毎日1,500kcalしか摂取していないとさすがに食欲に負けそうになる日もある。そこで週に1日は軽めのチートデイ,1日はとことんチートデイのようにすると続けられる。

チートデイをすると意味がないのでは?と思われるかもしれないけれど,翌日は食欲が押さえられるので影響はない,チートデイで3,000kcalくらい摂取していても,翌日500〜1,000kcalを摂取すると,2日間で摂取するのは3,500〜4,000kcal,1日あたり1,750〜2,000kcalとなる。

成人男性の場合,僕の年齢と身長,運動量だと2,200〜2,500kcalで摂取カロリーと消費カロリーがトントンになる。これ以下になると痩せる計算だ(もちろん体重が落ちれば基礎代謝も落ちる)。

ストレス(感覚)も貯めず,必ず数字でも判断するようにしている。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2020 All Rights Reserved.