週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月11日号

ブログ

USE COMPANYのSOMEYA(@someyatama)が書く近況報告。引きこもりに近い生活を送りながら,何を見ているのかをお知らせしたいと思います。

1月4日(月)

午前5時起床。身体を休めるために走らなかった。意識的に休む日をつくると,その日の「エクササイズリング」(Apple Watchのアクティビティの機能)がどうしてもたまりにくい…。筋トレとコンビニまでの行き帰りを合わせて,ようやく達成できるほどだ(僕は30分に設定している)。

一方,普段出勤している人は,アクティビティが(少なくともApple Watch上で)でできないという心配はいらない。僕も外出する日はいつもの何倍も動いている計測になっている。

これだけ,運動量があると(実際はそれほどカロリーは消費していないけれど),太るということはないのではないだろうかと感じる。みんなどれだけのものを食べているのだろう…。

1月5日(火)

午前3時起床。外を走る。一日,身体を休めると,どうしても重く感じるのが難点だ。身体は休ませた方が良いとも聞くし,毎日同じようにした方が良いという意見も聞く。どちらが良いのだろう。

年始,注文しておいたLECさんの教材の申込が処理された。AmazonやNetflixなどに慣れていると,注文と同時にサービスが使えるようになると思ってしまいがちだけど,そうではなかった。

年始に注文して,それをスタッフの方が目視で処理をしてはじめて使えるようになるという流れだった。子どもの頃に何かを待っているように長く感じた。

12月,宅建試験の前にプレミアムレクチャー(教本の付録にあったYouTube動画)がとても良く,他の試験でも応用したいと思い,申し込んだ。独習に加えて,耳からの講義を聞くと効率が上がるのだ。

今は通学しなくても(良質な)講義がオンラインで聞けるという素晴らしい時代だ。

1月6日(水)

午前4時起床。外を走る。

東京だけでなく,全国的に感染者数が増加してきて,非常事態宣言というものがまた出るとのことだ。こういったことは,きちんと記録しておきたいと思っている。

(それほど見るわけではないけれど)ニュースサイトのコメント欄,Twitterなどでは,これ関連のことに対して,怒っている人が多い。普通のいわゆる「会社員」と呼ばれる人はさほど影響がない,経済力がある人は基本穏やかである。では,どういう人が怒っているのだろうか。

さて,走りながら講義を聴くというのをやってみたところ,学習効率が良いことがわかった。ただ,初めての内容はテキスト等を見ながらの方が理解しやすいので,2回目以降の復習とすると良さそうだ。朝,約1時間(足りない場合はトレーニング中で補完),これを続けていこう。

1月7日(木)

午前4時起床。外を走る。

昼,ゴリラクリニックにスキンケアに行く。事前の洗顔,ピーリング,ディープクレンジング,レーザー,イオン導入でお肌の調子が良い。月に1回ほど通っていると全然違うのがわかる。

帰り,ビックカメラにてiPhoneを見る。ここしばらく「勉強」をいいわけに機種変更を怠っていたので(試験が近いときは環境を変えたくない),このタイミングで新機種に変えようと決意する。

ただ,後日取りにいく形でも1時間ほどかかるとのことだったので,今日は断念。来週のあたまくらいに改めて来ようと思う。1日24時間の割り振りは大切だ。

1月8日(金)

午前3時起床。外を走る。

「緊急事態宣言」が出された。ただ,2020年4, 5月のときとは少し雰囲気が違うように感じる。あのときは大半の人が,「まだ見ぬもの」として怯えていたから街が静まりかえっていたけれど,今回は「慣れ」があるため,店も休業ではなく営業時間(1時間だけ)短縮などの対応が目立つ。

僕はウイルスの専門家ではないので,対策に言及するつもりは毛頭ない。むしろ,専門家でもないのに声を大きくあげている人をみると不思議に感じるほどだ(街宣右翼を見たときと似ている)。

専門(金融やマーケティング)というところで思うなら,「人は感情で動く」というところだ。自分でどれくらい危険なのか,どういう数値があるのかを見て自分で判断できる人はごく僅かだ。「ウチの会社はー」など,自分は距離を置いているつもりでも烏合の衆のひとりになっている人も同じだ。

個人的には,気温が低く空気も乾燥しているこの季節,人が多いところに行くのは避けたい。前述の4, 5月に人がほとんどいない空港にいると白い目で見られたのに,今回は「気にしすぎ」という目で見られることもある。これだから「相対的」というのは面白い。

1月9日(土)

午前5時起床。前日,珍しく一度寝たあと起きて,仕事の考えごとをしていたら,日付が変わろうとしていた。急いで寝たけれど,後の祭り。完全に寝坊した。急いで(少し)外を走る。

午前中,受講している講義の「教材」が届く。受講自体はオンラインででき,板書や音声もダウンロードできるようになっているけれど,それとは別にレジュメや模試が製本されて送られてくる。

紙に直接書けるという便利さは今も変わらない。僕はほんの半年ほど前まで,一切紙を使わないくらいすべてがデジタル化しているような生活だったから,皮肉なものである。そういえば,学校の教科書が電子化されるというニュースもあった。これが「周回」というものだろうか。

1月10日(日)

午前6時起床。前日に続き,夜一度起きてしまい,眠れず…。走らなかった。

日曜日は,いつもと同じようにするか,それとも少しだけペースを落とそうか,迷いどころである。これは創業期の人(←基本は休まない)や勉強をしている人ならわかるだろう共通の悩みだ。

今のところ,語学(中国語と韓国語)は日曜日は週次の総まとめのように使っている。学習は進めないで,その週に学んだ単語を復習するといった使い方だ(それ以外の日も夜に復習している)。

日曜日にいつもと違うことをするメリットのひとつは,調整できる点だ。1週間のうち,どうしてもできなかったことがあっても,日曜日を調整日にしておけばなんとかお尻を拭くことができる。もし,日曜日まで平常通りびっしり詰めていると,借金がどんどん貯まっていくことになる。

一方,デメリットは,週6日と週7日で進めていると進捗に差が出てくることだ。1年間で52日分の差が生まれる。これを調整日としてポジティブに捉えるかどうかは悩みどころである。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

最近の記事

  1. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  3. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

新着 オススメ 特集記事
  1. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  3. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  4. 年末年始は和歌山の実家で過ごしました!

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月11日号

  6. 試験用はこれで十分「CASIO 腕時計 スタンダード F-84W」

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  2. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  3. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  4. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  5. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

  6. 『ハック思考〜最短最速で世界が変わる方法論〜』2ステップでハックする

TOP