USE COMPANY OFFICIAL SITE

ゴリラクリニックでやっているVIO脱毛の様子

SOMEYA
WRITER
 
ゴリラクリニック
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

突然ですが、僕は全身脱毛をしています(今もしばしば通っています)。

小学生の頃から親の化粧水を使ったり、整髪料(当時はムース!)を使って髪の毛をセットしたりする子どもで、本人は色気付いているつもりなのに同級生たちからは「おかま」「ホモ」と罵られる日々でした(ダイバーシティが謳われる今だったら大変なことです)。

そんな自分が大人になって時間とお金を手に入れるようになると、脱毛をするのは自然な流れでした。

そこで、今回は僕がゴリラクリニックさんでやっている脱毛からVIO脱毛の様子をお届けします。

 

ゴリラクリニックは「医療脱毛」ができます。

電車などで見かける「エステ脱毛」とは違い(安くて効果ない)、きちんとした脱毛ができます。

脱毛は痛みに耐えられるならそのままやっても良いですし、麻酔を使うこともできます。ちなみに僕は肺気胸の既往歴があるため、「笑気麻酔」はできず「塗り麻酔」を使っています。

そもそも「麻酔を使う必要はあるの?」ですが、僕はほとんどの部位は麻酔を使っていません。

ただ、VIO脱毛だけは痛みが強いので(特にVラインの性器の付け根は悶絶します)、2回目からは麻酔を使うことにしました(1回目は麻酔なしで脱毛して全身脂汗がすごかったです)。

ということで、塗り麻酔を使うところをレポートします。

 

パウダールーム

パウダールームで「塗り麻酔」の準備をします。

 

塗り麻酔セット

受付で塗り麻酔セットをもらいます。

 

塗り麻酔

木のヘラを使って塗り麻酔を塗っていきます。

 

塗り麻酔を使った下半身

肌の色が隠れるくらいしっかりと塗ります。

 

使い終わった塗り麻酔

きちんと塗らないと後悔することに…。

 

サランラップで巻く

サランラップで巻きます。

 

紙パンツ

ラップの上から紙パンツを穿きます(Tバックタイプではない)。

 

紙パンツを穿いた下半身

紙パンツを穿いた下半身の様子。

 

パウダールーム

準備完了。何事もなかったかのように待合室で待ちましょう。

 

タオル

水泳の授業を思い出すタオル。

時間になると番号で呼ばれて看護師さんと一緒にブースに向かいます。ゴリラクリニックさんはVIO脱毛のときは男性看護師さんです(僕は女性看護師の方が良いと思う派です)。

 

YAGレーザー

YAGレーザー

こちらが脱毛に使う「YAGレーザー」という脱毛機です(「メディオスター」も選べます)。

熱破壊式のYAGレーザーなどは肌の深い部分まで届く分、痛みが大きくなります。

蓄熱式のメディオスターなどは痛みが少ないメリットがあります。

ただ、メディオスターは何往復もする必要があるので、小さい痛みが連続して集まってくるイメージです。僕は多少痛みがあっても麻酔を使って一発で終わる方が良いのでYAGレーザーを選んでいます。

ちなみにVIO以外の大きな部位(腕・足など)はメディオスターのみになっています。

 

さて、僕はひととおり脱毛のプラン(5回プラン)が完了して、今回は6回目の脱毛でした。毛が少なくなっているということは、レーザーの出力を高めないと残りの毛にダメージを与えることができないということで、今までより高い出力で脱毛をすることになりました。

 

これが痛い…。

 

久々に脱毛で「こんなに痛い」という感じがしました(笑)。

ただ、肌がスベスベになるとムダ毛による肌荒れもなくなりますし(さらにスベスベになります)、触れ心地も良くなります。美意識が高いマイノリティな方は脱毛すると良いかもです。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの創業者のひとり(平社員)。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、音楽つくっています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2020 All Rights Reserved.