USE COMPANY OFFICIAL SITE

運動や観光するときに便利な「自転車シェアリング」の使い方

SOMEYA
WRITER
 
一の橋 サイクルポート
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの共同創業者のひとり。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、法律の勉強をしています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

僕は,現在週5, 6日のランニングと週1, 2日のサイクリングをしています。

そして,サイクリングをするときに使っているのが「自転車シェアリング」です。

もちろん「自転車を買った方が良い」という方もいると思いますが,僕のように「あまり所有物を増やしたくない」という方も多い?と思います(メンテナンス等のコストも考えると)。

自転車シェアリングは,交通系ICカード(Suicaなど)だけで利用できる自転車共有サービスです。

  • 交通系ICカードで借りられる
  • 行きたい場所で返却できる
  • 電動アシスト自転車なので移動が楽(トレーニングだと楽過ぎるかも/笑)
  • 自転車に各種損害保険が完備されている

ということで,今回は自転車シェアリングの使い方を紹介します。

 

自転車シェアリング

自転車シェアリング

この「自転車シェアリング」は,各自治体(市区町村)とドコモ・バイクシェアが試験的に行っているもので,たとえば東京都港区だと,東京都内10区(千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,江東区,品川区,目黒区,大田区,渋谷区)すべてのポートで貸出・返却ができます。

また,IDをつくっておけば,観光先(沖縄など!)でも利用できます。

ただし,東京で借りた自転車を管轄外の沖縄で返すことはできません(海を渡る必要もありますが)。

自転車シェアリングの利用料金

利用料金はエリアによって異なります。

東京だとこのようになっています。

1回会員

  • 月額:無料
  • 最初の30分:150円
  • 1回の利用が30分を超過した場合:100円/30分

週1回1時間使うと1回あたり250円,1ヶ月で1,000円の計算です。

月額会員

  • 月額:2,000円
  • 最初の30分:無料
  • 1回の利用が30分を超過した場合:100円/30分

利用回数が月14回以上(←1回会員だと2,100円になります)の方は,「月額会員」もオススメです。僕は多くても週2回(月8, 9回)なので「1回会員」で使っています。

1日パス

  • 1日:1,500円

観光など8時間以上利用する場合は(←1回会員だと1,650円かかります),「1日パス」を利用するのも良いでしょう。

 

それでは公式アプリ(iOS, Android)をダウンロードして使ってみましょう。

 

自転車シェアリングの利用から返却までの流れ

会員証登録受付

会員証登録受付完了後,パスコードが記載されたメールが送られてきます。

初回,自転車に乗るとき,「会員証登録用パスコード」を入力して会員証(交通系ICカード)をかざすことで,以後,交通系ICカードが会員証として使えるようになります(かざすだけでロック解除)。

 

サイクルポートに行く

ポート検索

「ポート検索」で近くのポートを探せます。

自宅などの周辺のどこにポートがあるか調べてみましょう。僕の家の周辺はたくさんありました。

 

ポート情報

ポート情報が見られます。

ポート情報で「現在の貸出可能台数」を見てみましょう。

「借りる」をタップすると,20分間予約されますが,初回は操作に戸惑うこともあると思うので(笑),貸出可能台数に余裕があれば現地に行って,直前に予約するのがオススメです。

ちなみにこのときは「40台」もありましたが(午前3時というのもあります),昼間はUberEatsなどで使っている方も多いみたいで「0台」のことも多いです。

 

一の橋 サイクルポート(夜)

一の橋 サイクルポートの様子(夜)。

実際に「一の橋 サイクルポート」に行ってみました。

午前3時頃なのでなかなか不気味です。ここで操作に戸惑いゴソゴソやっていると不審者として通報されてもおかしくはありません…。

 

自転車シェアリング

自転車シェアリングの説明が書いてあります。

 

借りる自転車を選ぶ

自転車を指定する

借りる自転車を指定します。

僕は現地で「借りる」をしています。アプリに自転車一覧が表示されるので選びましょう。

 

利用予約を受付ました

利用予約を受付ました。

自転車を選ぶと20分間予約が押さえられます。その間に自転車を操作して出発しましょう。

 

解錠する

自転車

自転車操作パネルの様子。

利用方法は自転車の後ろに書いてあります。

初回は,「会員証登録用パスコード(8桁)」を入力して交通系ICカードを認証させる必要があります。

以降は,「解錠用パスコード(4桁)」を入力するか,交通系ICカードをかざすと解錠できます。

操作自体は簡単なのですが,最初は慣れていなくて2, 3分かかることもあるので余裕を持って,サイクルポートに来ましょう(サイクルポートに来てから予約するのが良いです)。

 

ライト

ライトも付きます。

自転車が解錠できたら,ハンドルにある電源ボタンを押しましょう。ライトを点灯させたり(日の出前は暗いのでライトを付ける必要があります),負荷を調整できます。

 

返却する

カギ

カギをかけて返却

利用が終わったら,サイクルポートに戻しましょう。

僕はこの「返却方法」がわからず困惑しました(笑)。

  1. 後輪のカギをかける(画像のピンク枠の部分)
  2. 自転車操作パネルの「ENTER」ボタンを押す(「返却」と表示されます)

「施錠」と「返却」で2通メールが届きます。もし,返却確認のメールが届かない場合は(貸出時のメールにも記載されていますが)サポートに連絡しましょう。

 

おまけ(サイクリングをして撮影してきた画像)

東京駅

日比谷通りを麻布十番あたりから北上して,皇居の二重橋から東京駅(丸の内口)を見たところ。

 

銀座

銀座中央通り(銀座四丁目にある銀座三越のあたり)。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
USE COMPANY LLCの共同創業者のひとり。毎日、いろいろなWebサイトで記事を書いたり、コード書いたり、法律の勉強をしています。池袋ウエストゲートパーク・すべてがFになる・龍が如く・YMOあたりで構成されました。月に一度、沖縄に引きこもるのが好き。

Copyright© USE COMPANY , 2020 All Rights Reserved.