『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

書評

今回は毎月定番となりました,私が読んだ本についての感想を記載していきます。

今回読んだのは,ベンチャーキャピタリストとしてご活躍されている佐俣 アンリさんの『僕は君の「熱」に投資しよう』です。非常に熱量があって良い本だと感じたので,中身に触れていきます。

本書の概要

本の内容としては,佐俣さんが今まで投資をしてきた経験から「なぜ起業家が大事か重要か?」「投資家とは何か?」,また「若者の可能性」について語られています。

実際に上場をした会社でも,創業時はビジネスモデルや起業家自身のスキルも全然足りていない。むしろ「大丈夫か?」と思わせるような人たちが,圧倒的熱量を持って事業に取り組む様子や投資家(佐俣さん)がどんな想いで支援をしているかが,読者にも想像しやすい形で書かれています。

こんな方におすすめ!

こちらの本ですが,以下のような方には特におすすめです。

  • 将来起業したい方
  • 事業責任者の方
  • 20代前半〜後半のビジネスマン

起業を検討している方や事業責任者の方はもちろん,複雑なビジネス論ではなく,「熱量」について中心に書かれているので,今後仕事に取り組んでいきたい20代のビジネスマンの方にもおすすめです。

本書に記載されている起業家の方々は,今となっては,雲の上の存在に感じる方もいますが,当時は,僕らと何ら変わらない普通の若者でした。「ただ,圧倒的に熱量があり,その熱量が彼らや事業を今の素晴らしい状態にしている」ことが書かれているので,気持ちが高ぶる本だと思います。

起業に特殊なアイデアは必ずしも必要でない

起業するとなると「世の中を変える素晴らしいアイデアがないと・・・」と考える方も多いと思いますが,この本では「そうではない!」とはっきり言っています。

今や知らない人の少ないAirbnbもUberも商売としては「せどり」であり,創業当時の評価は全然高くなかったと本書で語られています。

事業を行う上で大事なのは,「世の中の価値のズレを見つける」ことと「それを実現させる熱量」で,それを信じてやり切れた者が成功しているとのことなので,起業を検討している方は小さなことから行動してみると良いと思います。

書名 僕は君の「熱」に投資しよう
著者 佐俣アンリ
出版社 ダイヤモンド社

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

新着 オススメ 特集記事
  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月25日号

  3. 『バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる』誰でも1万分の1の書き手になれる文章術

  4. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  6. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  3. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  4. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  5. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  6. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

TOP