新規営業で大手企業と取引することは可能なのか? 担当者に電話をつなぐアプローチ方法

営業コラム

「大手企業と取引を開始したい!」と考えている営業の方は多いのではないでしょうか? 実績になりますし,大きな取引になる可能性も高いので,なんとか取引を進めたいですよね。しかし,新規の電話営業を行なっても取引は難しいと考えて,アプローチしていない方も多いと思います。

そこで,今回は大手企業のアプローチ方法について記載していきます。

大手企業に電話でのアプローチは可能なのか?

相手が大企業の場合,受付の方のガードも固く,中小企業と比べて担当者に繋げる難易度が高くなります。ただ,言ってしまえば,担当者まで電話を繋げられれば難易度に差はありません。

大企業への電話アプローチは,いかに担当者に繋げるかということを意識しましょう。そもそも担当に繋ぐ方法がないという意見もあると思うので,アプローチ法について解説していきます。

大企業の担当者に電話をつなぐには?

通常の代表電話からアプローチしてもほとんど繋げることはできないでしょう。その場合,以下のステップでアプローチを重ねていくと繋がることが多くなります。

  • Step1:本社受付で責任者を呼び出す
  • Step2:担当部署の番号を調べて責任者を呼び出す
  • Step3:支社/支店の受付で支社長または支店長を呼び出す
  • Step4:支社/支店の受付で担当者を呼び出す
  • Step5:問い合わせフォームまたは企業アカウントのSNSでスカウトメール送付

※断られたor不在なら次のStepへ

以上のように,断られることを見越して繋がりそうな手法をすべて検討していくのが大切です。

「担当部署の番号を調べられるのか?」と気になる方も多いと思いますが,電話番号を下一桁変えると繋がることもあります。ただ,迷惑電話になってしまうこともあるので,何度も試すことはできませんが,調べて番号がわからない場合は試してみる価値はあるでしょう。

また,最近はSNSを利用している方も多いです。社名と本名でやっているアカウントがないか確認して,あれば連絡をすることもできます。社名と本名でSNSをやっている方は,他社からも多くの連絡を受けています。連絡をする場合は,自社のサービスが相手にどんなメリットが出せそうか,明示して連絡しましょう。そうでないと,どれだけ良いものを売っていても,相手にされることがありません。

まとめ

今回は大手企業へのアプローチ方法についてご紹介しました。取引をしたいと考えていても,断られる可能性の高いという理由から大企業を避ける方は多いです。しかし,アプローチ方法を工夫するだけで意外と契約に繋がることもあります。みなさんの営業活動が上手くいくことを願っております。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    【LEC】宅建登録実務講習の備忘録(通信講座編)

新着 オススメ 特集記事
  1. 就活スタート期に押さえたい「業界研究」のポイント

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月17日号

  3. 「レジリエンス」とは何か? 4つの要素を意識して営業職に役立てよう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月10日号

  5. 伸びる業界や企業はどのように見つけるのが良いか。自分の経験を活かせる分野に関わろう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月3日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  2. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  3. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  4. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  5. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  6. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

TOP