転職活動時の書類選考において採用担当者が見ているポイントを徹底解説!

人材コラム

転職活動で最初に当たる壁は「書類選考」ですよね。「いろいろ申し込んでみたけれど,書類がほとんど通過しない」という結果になってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は,企業側が書類選考で見ているポイントや書類選考の目的などについて解説します。

書類選考の基準・採用担当者が見ているポイント

採用担当者は,採用予算の範囲で「いつまでに」「何人採用するか」という目標をもっています。そのため,それまでに応募者の母集団を形成し,比較検討をしながら採用決定を出していきます。

また,面接官は限られた時間内で多くの面接をする必要があります。書類選考では,応募者が多い人気求人であれば,より厳選して応募要件を満たしているかを見極めます。一方で,採用人数が多い場合は,少しでも応募要件を満たせば可能性を見るために面接で見極めるようになります。

どちらにしても,募集要項に記載されている応募の必須要件の項目を多く満たしていると,選考に通過する可能性は高くなります。そして,応募書類にあなたの情報がわかりやすく記載されているかがポイントとなります。では,採用担当者は応募書類のどこを見ているのでしょうか。

①そもそも必須要件を満たしているか?

応募必須条件の「〇〇経験3年以上」など必須要件を満たしていないと,そもそも求人に応募しても書類選考が通過しない可能性は高くなります。必須要件を満たした求人に応募するようにしましょう。

②強みや志望動機がしっかり記載されているか?

「何が強みなのか,得意なのか」といった自己PRも採用担当者が見ているポイントのひとつです。仕事へのスタンスや強みを応募職種に活かせるか,入社後にも活躍することができるかという観点で,採用担当者はチェックしています。求人詳細に求める人材像が記載されている場合は,それに沿った情報が入っていると通過確度はアップします。

また,今後のキャリアの希望と応募職種の方向性が一致しているか,あなたが転職で求めていることと自社が提供できる環境がフィットしているかなども確認しています。

③定着して活躍してくれそうか?

入社後,長く働いてくれる方かを転職回数と在籍年数,転職理由などから判断しています。転職回数が多くても,直近の在籍年数が長かったり,それぞれの転職理由に納得できるものや一貫性があれば,書類選考を通過する可能性があります。反対に,直近の在籍年数が短い場合や職歴に空白期間がある場合は,その理由を補足しましょう。

まとめ

今回は書類選考のポイントについてまとめました。お見送りが続いてしまったときは,自身の経歴が応募企業の要件に満たしているかを確認し,アピールポイントを追記するようにしましょう。みなさんの就職活動が上手くいくことを願っております。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

特集記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. インターンシップに参加しないと内定はもらえないのか? 参加できない場合は第三者が見ても評価できる実績をつくろう

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年9月19日号

  3. インサイドセールスチーム運営のコツと必要な考え方

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年9月12日号

  5. 戦略コンサルタントとはどんな仕事をするのか? 各種コンサルとの違いについても解説

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年9月5日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『システムを作らせる技術 エンジニアではないあなたへ』双方でゴール設定を共有しよう

  2. 『そのビジネス課題、最新の経済学で「すでに解決」しています。』営業管理にも活用したい

  3. 『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』相手が知りたいことを伝えるという意識を持とう

  4. 『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』どのような規制やルールができるのか

  5. 『会社を辞めない起業』私自身も悩んだテーマについて書かれた本

  6. 『LGBTとハラスメント』「知らない」では通用しない時代になっている

TOP