『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

書評

昨今,「人事部門は経営に大きな影響力を与えるポジションだ」とよく聞くようになりました。

しかし,全体的に見れば,重要ポジションのような評価を得られていたり,そのようなパフォーマンスをあげられているという組織は多くありません。私自身も人事に関わる仕事についているので,どうすれば良い影響が組織に出るような取り組みができるか日々考えています。

その中で改めて人事について学んで見ようと思い,今回『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』という本を紹介をさせていただきます。

データを活用したPDCAが弱い

会社経営においては,様々なデータを活用して意思決定を繰り返しています。当然人事部門もデータに基づいた組織運営をしておりますが,まだ弱いというのが本書の主張するところです。

特に採用や定着の領域においては,「適性検査」や「従業員満足度調査」などさまざまなツールが以前から使われておりますが,「雰囲気」で結論付けされていることも少なくありません。

どうしても,採用時は「適性検査は少し悪いけど実績も人柄も良いから」という理由で採用してしまうこともありますし,採用した後の人材評価も短期視点で判断されがちです。

最近,よく話題に上がる「GAFA」と呼ばれるような企業は,データ活用が進んでおり,各々のポジションで明確な管理がされていることで有名です。実際,国内の企業でも大小関わらず,データを活用できている企業は,改善活動もスムーズに行われ伸びている印象を私も持っています。

また,最近は「HRテック」と言われさまざまなツールが登場してきました。これを機に,中長期の視点をもってデータ活用していくことが人事部門に必要だと言えるでしょう。

なぜデータ活用が進みづらいのか?

なぜ,データ活用が進みづらいのかというと,人事に配属される人に「統計思考」を持った方が少ないというのがあります。日本独自の素晴らしい制度でもありますが,「新卒一括採用」や「終身雇用」というものが「経験や勘に基づいた意思決定」で成り立ってきたことも要因としては大きいでしょう。

データ活用を進めるには「統計や数字に強い人材」を配属していくことは今後必須です。どうしても「営業成績の良い社員」や「第一印象が良い社員」を配属してしまいがちですが,会社はそのような方々だけでは成り立ちません。

通常の会社経営と同じく,「営業が強い人」「分析が強い人」「細かな作業が得意な人」などさまざまな特性をもった方が人事部門にも必要です。長期的に再現性のある組織を今後も作り出していく上では,「人事部門の人事」について深く考えていく必要があるでしょう。

まとめ

「人事部門が重要だ!」ということが叫ばれるようになったのは素晴らしいことだと思います。ただ,データ活用においては他部門に比べて弱いも多いのも事実です。人事部は「採用」だけではなく,「労務」や「教育」などの役割もあります。これらを活かすためにデータ活用にも取り組んでみましょう。

書名 日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用
著者 大湾 秀雄
出版社 日経BP

関連記事

特集記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    【LEC】宅建登録実務講習の修了証が届きました

  3. 3

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

新着 オススメ 特集記事
  1. 転職活動に疲れてしまった… なかなか結果が出ずに悩んだ際にとるべき行動は?

  2. 『こうして社員はやる気を失っていく』社員を活躍させるのも経営者の仕事

  3. 最終面接と他の面接の違いは? 合否を分けるポイントを解説!

  4. フィードバックを活用して組織的な営業力をつけよう!

  5. SPIテストの概要と対策法を徹底解説!

  6. 『いたいコンサル、すごいコンサル: 究極の参謀を見抜く「10の質問」』

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『こうして社員はやる気を失っていく』社員を活躍させるのも経営者の仕事

  2. 『いたいコンサル、すごいコンサル: 究極の参謀を見抜く「10の質問」』

  3. 『NEW SALES―新時代の営業に必要な7つの原則』商品を購入したことで得られる未来を想像してもらおう

  4. 『プロフェッショナル マネージャー』目標を達成するまで,諦めずにやる。

  5. 『“未”顧客理解 なぜ「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?』未顧客を5原則で理解しよう

  6. 『システムを作らせる技術 エンジニアではないあなたへ』双方でゴール設定を共有しよう

TOP