『沖縄と私と娼婦』本土返還前の沖縄がわかる歴史的名著

書評

沖縄に行くと,夜遊びを楽しむ男性が多いことがわかります。南の島だから開放的な気持ちになるのか,本土とは離れた場所で羽を伸ばせるのか,沖縄の別の顔に性があることは違いありません。

沖縄と私と娼婦』は,本土返還前の沖縄,とりわけ娼婦や売春など沖縄の別の顔がわかる一冊です。出版されたのは1970年なので,50年も前に書かれていることになります。

著者である佐木隆三さんが沖縄の娼婦にアプローチしたのは,「どう説明すればいいか,実は自分でもわからない」とあります。これは縁もゆかりもないはずなのに沖縄が好きという人ならわかると思います。何を隠そう,僕もそのひとりです(笑)。

佐木隆三さんについては,後年『沖縄アンダーグラウンド』の中でもインタビューが出てきます。こうやって一冊の本を読みながら,関連書籍が連鎖していくのもまた読書の楽しみのひとつです。

娼婦であり続ける限り,国家は決して彼女らを保護しない。利用するだけだ。本土における戦後の売春は,「進駐軍から一般女子を守る」ために組織されたのが主流で,特殊慰安施設協会という名の公娼制度は警察当局の音頭取りによるものだった。

沖縄から感じるどこか塞ぎ込んだ雰囲気は,この防波堤にさせられたという歴史があるからなのかなと感じます(歴史を遡って琉球に薩摩藩が侵攻したときからはじまったのかもしれません)。

本土返還前,沖縄にはAサインバーという米兵が出入りするバーがありました。

Aサイン

Aサインの標識(沖縄県立博物館より)

米兵が出入りするバー,キャバレー,クラブ,飲食店をAサインと呼ぶが,APPROVE(アプルーブ=認可する)の頭文字が示すとおり,きびしい風俗業施設認可基準が設けられた,その認可証である。

本書では,これらの場所での取材もされています。

著者の佐木隆三(1937-2015)さんはノンフィクション作家です。沖縄に関しての著作では,『沖縄と私と娼婦』のほか,『わが沖縄ノート』もあります。

どうしたって蓋をされやすい「性」というもの。一般世間に求めるのは難しいかもしれませんが,個人的にはきちんと目を開いてみたいと思っています。

書名 沖縄と私と娼婦
著者 佐木隆三
出版社 合同出版→ちくま文庫

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

新着 オススメ 特集記事
  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月25日号

  3. 『バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる』誰でも1万分の1の書き手になれる文章術

  4. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  6. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  3. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  4. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  5. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  6. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

TOP