USE COMPANY OFFICIAL SITE

意識の足りなさを痛感した半年間、行動と継続で結果を出す(役員:稗田)

稗田直史
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
稗田直史
USE COMPANY LLCの代表。人材系企業で働きながら会社を経営しています。得意領域は「営業・採用系」。 仕事の心構えとして「相手のためになる提案をすること」を大切にしています。 安っぽく感じてしまうかもしれませんが、誤魔化しは排除し、本質的に良くなる道をつくっていければと考えています。 趣味はランニングです!

皆さんあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

USE COPANYを設立して約半年ほど経ちました。

年始めということで、今回はこの半年の振り返りをしていきたいと思います。

営業なのに売上をつくれない無力さを感じる

この半年は自分の意識の足りなさと無力さを感じた半年でした。

というのも、やはり自分で会社をやり始めたにも関わらず、先を読んだ行動ができていなかったり、なんとなくですませてしまっていることも多かったと個人的には思いました。

あと何より自分が「営業」なのに売上が作れないという苦しみです…。

自分が仕事を持ってこないと「USE COMPANY」が新しいことにチャレンジしていくのも難しいと思うので、これができなかったのが、半年間でもっとも大きな反省でした。

「当事者意識をもっと持たないと」と思った年末でした。

自分のタイミングでいろいろな生き方を選べるようになりたい

ということで、今年は「結果にコミットする」をテーマにやっていきたいと思います。

言葉だけを見るとすごく安っぽいのですが、結果にコミットしていけば、足りないものは自動に補われるのかなと思っています。

この半年はどうもまだ会社をやっていることが「自分ごと」として完全に考えられていなかった。

だから、行動も遅れるし案も出ないし相談も減る、となっていたので、本気でやろうと…。

ちょうど年末に「自分はなんで会社をやってるんだろう?」と考えたとき、「自分の望むタイミングでいろんな生き方を選べる手段を得るために」というのが出た答えでした。

「会社を大きくしたい」「世界を変えたい」とかそういったものではないので、見てて疑問を感じる方もいるかもしれません。

けれど、USE COMPANYは「法人格を使ってやりたいことなんでもやろうぜ!」という想いで3人で立ち上げた会社なので、答えを出したというよりは当初の想いに立ち返ったというのが正しいです。

今はじめれば、来年には1年の経験ができる

「何かをやりたかったら今すぐにやればいい。そうすれば、来年にはその分野で1年の経験がついている」というのが、自分に刺さっている言葉なので、年明けから飛ばしていきます。

2019年6月までに「自分のコンサルティング案件を3件は獲得したい」と考えているので、何より行動を起こすことと、正しい方向性で継続することで結果につなげます。

来年、この記事を書くときは、「達成できた!」という報告をできるように取り組むので、みなさん何卒よろしくお願いします。

2019年1月 稗田直史

この記事を書いている人 - WRITER -
稗田直史
USE COMPANY LLCの代表。人材系企業で働きながら会社を経営しています。得意領域は「営業・採用系」。 仕事の心構えとして「相手のためになる提案をすること」を大切にしています。 安っぽく感じてしまうかもしれませんが、誤魔化しは排除し、本質的に良くなる道をつくっていければと考えています。 趣味はランニングです!

Copyright© USE COMPANY , 2019 All Rights Reserved.