人材業界の営業職の仕事内容について,一日のスケジュール・やりがい・大変なことまで解説

コラム

今回は,人材業界で営業職としての就職を検討している方向けの記事を書きたいと思います。

人材業界は,20代の若手の方が比較的興味を持っていただくことが多い業界です。しかし,具体的にどんな仕事をしているか,楽しい点や苦しい点があるかなどは,イメージがつきにくいと思います。

この記事を読んでいただければ,一通り業務内容がイメージできるかと思います。

人材業界の詳細

人材業界と大きく以下の分類に分かれます。

  • 求人広告
  • 人材紹介
  • 人材派遣
  • 研修・教育

各々説明していきます。

「求人広告」は,「リクナビ」や「マイナビ」などの広告媒体をメインに取り扱う仕事です。

「人材紹介」は,一般的に「エージェント」と呼ばれるお仕事です。求職者の方にキャリア面談を行ったり,採用を検討している企業から求人を頂戴したりするお仕事です。

「人材派遣」は,学生時代に派遣アルバイトの経験がある方もいると思いますが,自社に登録してくれている派遣社員を企業にご紹介したり紹介先企業を開拓するお仕事です。

「研修・教育」について,入社後研修などで,採用企業ではなく外部の会社が研修を実施していることがあります。そのような研修サービスを企業に提供している会社を呼びます。

営業職の働き方

求人広告

求人広告の営業は,法人のみを対象に行います。新規開拓営業から従事するケースがほとんどで,テレアポや飛び込み営業を中心に営業活動を行います。営業の楽しさとしては,やはり掲載頂いた顧客の採用活動がうまくいったという報告を受けた際の喜びは何事にも代えがたいです。

一方,大変な点は,差別化が商品でつき辛いことです。同じ顧客に「リクナビ」を3社が提案しているということもザラにあるので,営業としての提案や立ち回りが重要だと言えます。

人材紹介

人材紹介は,キャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる求職者を担当する営業もいれば,リクルーティングアドバイザー(RA)と呼ばれる法人を担当する営業がいます。中小規模の会社では両方を担当するケースも多いです。

楽しい面は,企業の求職者とも回数を重ねキャリアや採用支援を行っていけるので,伴走している実感が持てます。これも採用成功や就職成功の喜びを間近で見れた際は非常にやりがいを感じます。

人材紹介の大変さは,CAもRAも人に振り回されることが多いことです。特に若手領域で多いですが,面接に急に行かなくなったり,連絡がとれなくなることもあります。その際,RAは企業への謝罪とフォローに追われることも多いです。また,さまざまな環境変化によって入社予定であった方が,入社出来なくなることもあるので,致し方ないトラブルが多い仕事ともいえます。

人材派遣

人材派遣の営業も法人企業担当がメインになることは多いです。

求人広告と同じく,入社した際には新規開拓の営業を担当することが多いです。手法もテレアポや飛び込み営業を用いることも共通しています。企業は早く人を補充したいと考えているので,他社よりも早く条件にあった方を推薦しないといけません。ここが営業の成績に大きく影響します。

楽しい面は,派遣スタッフや企業と長期的に関わっていけることです。派遣スタッフがやめない限りはずっとフォローも行いますし,企業も自分で開拓した企業は自分が継続して担当します。長く伴奏できる点においては,非常にやりがいを感じるお仕事です。

大変な面は,人材紹介と似ていますが,人に振り回されることです。急に退職を申し出られたり,現場にスタッフが出勤しないこともあり,苦労することがあるでしょう。

研修・教育

こちらも法人営業がメインとなります。

人材業界は,紹介・派遣・広告と分かれてはいるのですが,営業手法などは非常に似ています。研修・教育事業も新規開拓営業から従事することが多く,手法はテレアポや飛び込み営業が主体となります。

楽しい面としては,研修を行ったことで従業員の意識や成果が上がったという報告を受けた時には非常にやりがいを感じます。

大変なことは,これも差別化がつき辛いことです。研修サービスを提供している企業は多く,差別化が難しいサービスです。企業側も古くから既に活用しているサービスがあり,新規開拓営業は大変です。

一日のスケジュール

ここでは一日のスケジュールの目安を記載します。対法人と対個人に分けて記載します。

対法人(求人広告営業・人材紹介RA・人材派遣営業・研修営業)

9:00 朝礼

9:30 メールチェックや当日のスケジュール確認

10:00 Web打ち合わせ

11:00 新規開拓テレアポ

12:00 ランチ

13:00 web打ち合わせ

14:00 外出

15:00 対面打ち合わせ

17:00 新規開拓テレアポ

18:00 資料作成

19:00 帰宅

対個人()人材紹介CA)

9:00 朝礼

9:30 メールチェックや当日のスケジュール確認

10:00 求職者との新規面談

11:00 求職者との面接対策

12:00 ランチ

13:00 求職者との新規面談

14:00 求職者との面接対策

15:00 書類作成,事務作業

16:00 求職者との新規面談

17:00 求職者との面接対策

18:00 書類作成・事務作業

19:00 帰宅

以上が代表的なスケジュールになります。

まとめ

今回は人材業界の営業職について解説しました。人と関わる事業のため,やりがいを感じる事も多いですが,同時に大変さを感じることもあります。また,他の業界と比較して営業要素の強い業界です。営業職のノルマを追う大変さを感じることがあるというのは覚悟してください。

ただ,自分なりにアレンジを加えて行動もしていける業界なので,良い方がどんどん興味を持ってくれるとうれしいと思っています。

(転載元:New Mage

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

  3. 3

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

新着 オススメ 特集記事
  1. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年6月21日号

  2. 内定がない自分はやばいのか? 22卒の就職活動の現状とアドバイス

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年6月14日号

  4. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年6月7日号

  6. 人材紹介会社(就職/転職エージェント)を使うと採用難易度が上がる?噂の真相も含めて徹底解説!

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本』採用担当者向けで読みやすい本

  2. 『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

  3. 『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』自分の商談を振り返って,客観的にみてみよう

  4. 『会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。人を大事にするホラクラシー経営とは?』「感情」に囚われない運用ができる秘訣

  5. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  6. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

TOP