ボーナスをもらってからの転職はあり? 気持ちよく退職するために気をつけたいこと

人材コラム

6月も終わりを迎える頃ですが,そろそろ賞与支給の会社ではボーナスが支払われる時期ではないでしょうか? この時期に多く問い合わせを受けるのが,「会社を退職するタイミング」についてです。

今回は,そういった方に向けて「そもそもボーナスをもらって転職活動を行うのはありなのか?」「気をつけることは何なのか?」ということについて触れていきたいと思います。

まずはボーナス支給規定を確認しよう

ボーナスは「支給規定」が各社で定められているはずです。在籍日数や支給されない場合の規定など,あからじめ定められている会社が多いので,まずは確認するようにしましょう。

ボーナスは評価時期の成果に対する報酬という側面と,将来に期待しての報酬の両面で支給されています。退職を早く伝えすぎると減額がされる規定がある会社もあるので要チェックです。

そもそもボーナスをもらってからの退職はありなのか?

結論,「あり」です。むしろボーナス支給が近いのであれば,これはオススメします。

ただ,注意しなければいけないのは,賞与支給額が決定するまでは,退職について具体的な相談を上司にするのは控えた方が良いということです。「退職予定者はボーナスの支給対象外」にする会社も一定数は存在するからです。

また,「転職を検討している」という相談もあまりオススメしません。基本的にはこれを相談しても無理な引き止めにあったり,社内で少しいづらい空気を感じたりする可能性もあります。転職について相談をする際には,次の職場の入社日が決まった状態で相談するように心がけましょう。

退職は入社の何ヶ月前に相談するのが一般的か

一般的な目安は,2〜3ヶ月前です。1ヶ月前など,対応できなくはないと思いますが,職場に引き継ぎ関連で迷惑をかけてしまう可能性もあります。これについても会社規定で定められているところもあると思いますが,だいたい入社日2〜3ヶ月前にお伝えするものだと認識ください。

そのため,「8月にボーナスもらって新しい職場は10月から働きたいな」と思っているなら,6月からの転職活動でギリギリといったところです。余裕をもってはじめられるようにしましょう。

まとめ

今回はボーナスと転職活動の時期について解説しました。

毎年,この時期になると転職活動を検討する方が激増します。もらえるものはもらってしまえば良いと思う反面,今までお世話になった会社であるというのも間違いありません。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざもあるように,退職する職場に迷惑をかけないような退職を心がけ,気持ち良く次の職場でスタートを切れるようにしましょう。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

  3. 3

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

新着 オススメ 特集記事
  1. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年7月26日号

  2. 7月以降の就職活動でも内定はとれる?就活事情や注意すべきポイントを解説します

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年7月19日号

  4. 成約見込みの高い商談を増やすには?属人化しない体制づくり

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年7月12日号

  6. 求人サイト,就職エージェント,ハローワーク,それぞれのメリット・デメリットを解説

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『100円のコーラを1000円で売る方法』企画の初級者向けの本

  2. 『採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本』採用担当者向けで読みやすい本

  3. 『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

  4. 『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』自分の商談を振り返って,客観的にみてみよう

  5. 『会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。人を大事にするホラクラシー経営とは?』「感情」に囚われない運用ができる秘訣

  6. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

TOP