ハイクラス人材を採用するには?失敗しないために抑えたいポイント

採用コラム

「他社で活躍している,いわゆるハイクラスな人材を獲得したい。」

そう考えている企業の経営者の方はほとんどではないでしょうか?

しかしながら,当然彼は引く手数多の存在で,採用するのが困難という現実があります。今回はそのような人材を採用するにはどうすれば良いかということについて書いていきます。

ハイクラス人材の定義は?

ハイクラス人材とはどのような方を呼ぶのでしょうか。

明確な定義はないのですが,一般的には年収800万以上で,各職種の分野で専門的知識を持ち,チームマネジメントも経験された方というのがハイクラスに合致するイメージです。

また,あくまで,入社後すぐに責任者として活躍してもらうことが前提の人材ではあるので,現職や前職での高いパフォーマンスを出していることも重要なポイントとなります。

なぜハイクラス人材が注目されているのか?

「優秀な人材はいつでも採用したい」というニーズはありますが,昨今,特にハイクラス人材の注目度は高まっています。その理由としては,年々変化が激しくなる市場の波に乗るには,今までの既存の組織運営ではなかった取り組みを実施する必要が出てきたからです。

流行りで言えば,「DX化」などがあがりますが,社内の今までの価値観で採用してきた人材だけでは,今の時代を乗り越えづらくなってきているのはたしかです。そこで,社内での新プロジェクトを牽引し新しい風を入れてくれるような方が特に必要になっています。

ハイクラス人材を集め,採用するには?

ハイクラス人材ですが,正直,なかなかいません。

仮にいたとしても,自社にマッチし,入社を検討してくれる方を探すとなると大変です。初めてハイクラス人材の採用に取り組もうとしている企業は,以下の点を意識しましょう。

  • 行ってもらいたい業務は明確化されているか?
  • 入社後のフォロー体制はあるか,または担当者を決めているか?
  • 良い情報も悪い情報も選考時に正確に伝える

よくあるのが,担当業務が明確化されておらず,「とりあえず〇〇の分野で自由に成果をあげてほしい」という考えで採用をしてしまうケースです。これでは,自社にその方の経歴がハマるのかもわからないですし,いきなりひとりに重責を負わせるのは難しいため,業務はある程度は明確にしましょう。

また,いくらハイクラス人材とはいえ,人間関係もまっさらな新しい環境で,前職と同じパフォーマンスを早期に期待されるのがさすがに酷です。せっかく採用したのに離職されたのでは,互いに大きなダメージを負うため,フォロー体制であったり,担当する方をあらかじめ決めておくようにしましょう。

選考時には,できるだけ社内の情報を正確に伝えましょう。ハイクラス人材の場合,入社後担当するのは,難易度の高い業務であるケースが多いです。きれいなところだけ見せるのではなく,正確な情報を伝え,できるだけ細かにすり合わせを行うことで,ミスマッチを減らすことができます。

まとめ

ハイクラス人材を採用するためにどのようにすれば良いか紹介してきました。

今後,ハイクラス人材の採用が必要になる企業も多いと思います。そんなとき,すぐ対応できるように,上記のような手段を模索しておくと良いでしょう。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    【LEC】宅建登録実務講習の備忘録(通信講座編)

新着 オススメ 特集記事
  1. 就活スタート期に押さえたい「業界研究」のポイント

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月17日号

  3. 「レジリエンス」とは何か? 4つの要素を意識して営業職に役立てよう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月10日号

  5. 伸びる業界や企業はどのように見つけるのが良いか。自分の経験を活かせる分野に関わろう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月3日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  2. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  3. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  4. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  5. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  6. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

TOP