有給消化中に次の職場で働くために気をつけたいこと

人材コラム

転職活動を終え,次の職場に行く前に有給消化を使ってゆっくりされる方は多いと思います。そして,なかには「有給消化中に新しい職場で働けないのだろうか?」と考える方もいます。そこで,有給消化期間中に,次の職場で正社員として勤務できるかという点について解説をしていきます。

有給消化中に転職先で働きだすことは可能なのか?

結論から言うと,「状況によって大きく変わる」ことになります。

もし,有給消化中に,転職先企業から「すぐに働いてほしい」と依頼された場合,前職の就業規則に「二重就労の禁止」などの規定がないか確認をしましょう。二重就労とは,ひとつの企業に雇用された状態で,他の職場で働いたり副業したりすることです。

就業規則に違反した場合,減給の対象になったり,懲戒免職になったりすることがあります。法律上の問題はありませんが,有給消化中は前職に雇用されている状態ですので,雇用主の就業規則を破ることで問題に発展するリスクがあることは認識しましょう。

「辞める会社だからとやかく考えなくて良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが,前職側で問題になった場合,転職先企業にまで迷惑をかけてしまう可能性もあります。その結果,転職先起床でも問題視されてしまい,内定取り消しにされてしまうこともあるので,注意しましょう。

有給消化中に転職先で働く時の注意点

前職の許可が出て,転職先企業で勤務する場合の注意点として「雇用保険」があげられます。雇用保険は二重加入することができません。有給消化中に転職先で働き始める場合,雇用契約が被ってしまう期間が発生するので,前職側に「雇用保険の資格喪失手続き」を行ってもらう必要があります。

雇用保険に加入していない状態で仕事をしていて,万一トラブルが起こった場合,補償を受けることができません。転職先企業で働くときは,必ず前職で雇用保険の資格喪失手続きを行いましょう。そうすることで,転職先企業の雇用保険に加入することができます。

ちなみに健康保険,厚生年金,労災保険などは二重加入しても問題ありません。

有給消化中に転職先企業で働きたい旨を前職の方に報告するときは,働き始める具体的な日付なども明確に伝えておきましょう。不透明な部分を作ってしまうと,あとでトラブルになることもあり,転職先企業に迷惑をかけてしまうこともあるので,言いづらいと感じても正直に伝えることが大切です。

まとめ

転職支援をしていても「有給消化中勤務できるのか?」という質問は多いです。知らずに対応してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれることも多いので,事前に確認し行動をするようにしましょう。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    【LEC】宅建登録実務講習の備忘録(通信講座編)

新着 オススメ 特集記事
  1. 就活スタート期に押さえたい「業界研究」のポイント

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月17日号

  3. 「レジリエンス」とは何か? 4つの要素を意識して営業職に役立てよう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月10日号

  5. 伸びる業界や企業はどのように見つけるのが良いか。自分の経験を活かせる分野に関わろう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月3日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  2. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  3. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  4. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  5. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  6. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

TOP