内定辞退をするのは法的に問題ない?理由の説明についても解説!

人材コラム

新卒で就職活動を行っていると,複数内定がとれて,後から内定を頂戴した企業の方が志望度が高く,内定辞退をしたいと思うことは多々あると思います。そんなとき,企業にはどのように伝えれば良いのでしょうか。そこで,今回は内定辞退について解説したいと思います。

内定承諾後も内定辞退は可能なのか?

結論から言えば,可能です。

内定承諾というのは一種の労働契約ではありますが,入社日の2週間前までに申し出れば解除できるとされています。そのため,入社直前の内定辞退でない限り,内定辞退を理由にみなさんが不利な状況になることは基本的にはありません。

しかし,内定承諾をされた時点で,企業側もあなたのパソコンなどの備品をそろえはじめます。各部署が受け入れ準備のために動いていることもあります。そのため,辞退することが自分の中で決まったら早急に伝えるようにしましょう(ギリギリまで伸ばしても企業に迷惑をかけてしまうだけです)。

内定辞退理由は何と伝えれば良いか?

こちらも結論から言えば,ある程度率直にお伝えして問題ありません。また,内定辞退をするのに詳細理由を伝える必要もないので,どこの企業の内定を受諾しどういった条件で働こうと思っているなどは言わなくて良いでしょう。

企業側の担当者としては,内定を辞退されることについて気になるでしょうが,聞かれても答えなくても問題はないのでご安心ください。

しかし,企業側も「説得するため」だけでなく,「今後の採用活動を良くしていきたい」という気持ちから聞いている方もいらっしゃるので,話せる部分は話し,気持ちよく関係を終わらせるように努めると良いでしょう。社会はみなさんが思っているより狭く,何かの拍子で顔を合わせることがあるかもしれません。今後のためにも,誠意ある対応を心がけましょう。

内定辞退はメールや電話では駄目なのか?

たまに「内定辞退は対面のみ!」という答えもありますが,メールや電話でも問題ないです。

しかし,気まずいからといってメールで辞退の旨のみを伝えて,連絡を断つというのも良くありません。これも関係性を悪化させない手段はなんだろうと考えて行動するようにしましょう。

また,正直言えば,大抵の企業は,対面で辞退をしてほしいとは考えていません。ただ,その中で「対面で理由を知りたい」ということがあれば,関係が深い企業だったから(理由を知るために)依頼されているとのだと思います。メールや電話でも問題はありませんが,誠実な対応をしましょう。

まとめ

今回は内定辞退について解説してきました。内定辞退をすること自体はまったく問題がありませんが,相手もいることですし,今後何かの機会で関わることもあるかもしれません。「もう関係ないから」という理由で終わらせることなく,お互いに気持ちよく関係性が終わるように努めると良いでしょう。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 転職活動をするのにおすすめの時期はある?いつ頃から始めるべきかお答えします!

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月29日号

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月22日号

  5. 適性検査はどこまで準備をすれば良い?企業の活用方法などについても解説

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月15日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  2. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

  3. 『100円のコーラを1000円で売る方法』企画の初級者向けの本

  4. 『採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本』採用担当者向けで読みやすい本

  5. 『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

  6. 『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』自分の商談を振り返って,客観的にみてみよう

TOP