「レジリエンス」とは何か? 4つの要素を意識して営業職に役立てよう

営業コラム

最近,「レジリエンス(resilience)」という言葉を聞くことが増えました。レジリエンスとは,直訳すると,「回復力・復元力・弾力性」という意味を持つ単語ですが,そこから転じて,「予想外の状況や環境の変化(ストレス)をバネにして成長するしなやかな強さ」という意味合いで使われています。

営業としてキャリアを築いていくには,このレジリエンスが非常に大切です。今回は,ストレスがかかることが多い営業職の方こそ身につけたいレジリエンスについて記載します。

レジリエンスの4つの要素

①自己肯定感

メンタルを安定的に保つ基礎的な要素です。やはり,自分自身を自分が認めてあげないとすべてが崩れてしまいます。仕事や不得意なことだけだと自信を失うことも多いと思うので,趣味など自分自身を認めてあげられる環境を作っておくことが大切です。

②自己効力感

自己効力感とは,何らかの問題に直面した際に「自分なら解決できる」という期待や自信のことです。自己肯定感と重複する要素もありますが,自己効力感はどちらかといえば「未来の自分への感情」になります。先はどうなるかわからないが,自分なら解決できるという,ある種根拠なき自信を指します。

③感情コントロール

レジリエンスがあまりない方の特徴として,「一喜一憂」してしまうことがあげられます。予想外の出来事や怒りの感情などで判断を間違ってしまう方も多いので,感情が昂ぶってしまいそうなときは,5秒ほど考えて発言するようにしましょう。意外と冷静になれるものです。

④楽観性

楽観性は,ものごとを良い方向に捉え,「今の状況が最善である」という考え方です。感情のコントロールができたとしても,冷静に「自分にはどうにもできない」と絶望を感じることもあると思います。そんな状況を乗り越えるためには,楽観的な考え方が重要になります。

この考え方ができるようになると,「今は大変だけど,一時的なものだから大丈夫」「これを乗り越えたら楽しいことがあるはず」のように,辛い状況でも明るく前向きに進むことができます。

まとめ

最初から上記の4つの要素をすべて持っているという方はほとんどいないでしょう。しかし,すべてもっていなくても落ち込む必要はありません。「自分はこの要素はありそうだな!」と思えるものがあれば,そこに自信を持ってさらに磨いてみましょう。

営業をやっていると,断られることや否定されることがどうしても多くなってしまいます。足りない要素を鍛えるという考え方も大切ですが,得意な要素を伸ばすという考えの方が総合的に能力も上がったりするので,どんどん伸ばしていってみてください。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    【LEC】宅建登録実務講習の備忘録(通信講座編)

新着 オススメ 特集記事
  1. 就活スタート期に押さえたい「業界研究」のポイント

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月17日号

  3. 「レジリエンス」とは何か? 4つの要素を意識して営業職に役立てよう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月10日号

  5. 伸びる業界や企業はどのように見つけるのが良いか。自分の経験を活かせる分野に関わろう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年1月3日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  2. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  3. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  4. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  5. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  6. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

TOP