就活スタート期に押さえたい「業界研究」のポイント

人材コラム

2023年卒の方の就職活動もそろそろ本格化を迎えますね。就職活動をする中で,「業界研究」という言葉を聞くことが多いと思います。ただ,「とりあえず本を買って読んでみたけれど,実はよくわからない」という方も多いと思います。そこで,今回は「業界研究」について解説します。

そもそも業界研究とは何か?

「業界研究」とは,産業構造(世の中にどのような業界があるのか)やビジネスモデル(誰に何をどのように売っているのか)について調べることです。

日本には数多くの業界が存在しています。一方,応募や入社できる企業は限られてきます。そこで,どのような業界があるのかを知り,自分に合いそうな業界や企業を見つけることが重要になります。

どうしても,就職活動を始めたばかりのときは,自分が知っている業界や何となく話を聞いたことがある業界を詳しく調べてしまいがちです。しかし,できれば就職活動を本格的にはじめる前に,興味を持てなさそうな業界も調べてみましょう。ひょっとすると面白く感じられる業界があるかもしれません。

業界研究はどのようにやれば良いのか?

業界研究を始めるときは,とりあえず広く浅く調べることからはじめましょう。「リクナビ」や「マイナビ」などの就活サイトで調べても良いですし,業界研究に関わる本を読んでみるのも良いでしょう。

この際に押さえるべきポイントとして,「どうやって儲けているか」ということがあげられます。業界の動向や企業が何に力を入れているかを知ることも大切なのですが,どのようにお金を稼いでいるかに注目しないと,理解できることにすぐ限界がきてしまいます。

「この業界は基本的に〇〇のようなお客さんにサービスを提供して××で売上を上げている」と説明できるのが理想です。これが理解できると,働き方や他業界との比較などもしやすくなります。

BtoBサービスの業界は注意して調べみよう

就職活動をしていると,どうしても普段触れることが多い食品やインテリアなどBtoC向けの企業に興味を持つ事が多いでしょう。しかし,実は世の中のビジネスはBtoBで成り立っていることがほとんどです。つまり,可能性としては,BtoB向けのサービスを展開している企業に入社する方が高くなります。

売上のつくり方や業界を知ると,普段CMで見ている企業も「裏側はこうなっているんだ」と気づけることも多くなります。学生のうちに知らない優良企業のほとんどはBtoBサービスを提供している会社が多いので,BtoBのサービスを展開している業界は注意して調べてみましょう。

まとめ

今回は業界研究について解説してきました。業界研究は「早くやった方が良いよ!」と先輩からアドバイスを受けることも多いと思います。たしかに早くやるに越したことはありませんが,業界研究は終わりのない作業でもあるので,ほとんどの人が中途半端で終わってしまうのが現実です。

今回解説した「どうやって儲けているかを知る」「今,興味がない業界(BtoB業界)も調べる」という点を押さえて取り組んでみましょう。今後,企業説明会に参加しても理解度がグッと上がるはずです。

(転載元:New Mage

関連記事

特集記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 本当に転職すべきなのか? 複数社から内定が出たけれどどうしようか?

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年12月5日号

  3. キャリアチェンジのメリット・デメリットは?年収が下がる可能性についても解説

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年11月28日号

  5. 『NEW SALES―新時代の営業に必要な7つの原則』商品を購入したことで得られる未来を想像してもらおう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年11月21日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『プロフェッショナル マネージャー』目標を達成するまで,諦めずにやる。

  2. 『“未”顧客理解 なぜ「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?』未顧客を5原則で理解しよう

  3. 『システムを作らせる技術 エンジニアではないあなたへ』双方でゴール設定を共有しよう

  4. 『そのビジネス課題、最新の経済学で「すでに解決」しています。』営業管理にも活用したい

  5. 『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』相手が知りたいことを伝えるという意識を持とう

  6. 『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』どのような規制やルールができるのか

TOP