履歴書の「健康状態」の欄はどのように書けばいい?合否の影響についても解説

人材コラム

転職活動をしている中で病院に通われていたり,体調があまり思わしくない時期もありますよね。その際に履歴書の「健康状態」の欄にどのように記載すれば良いか悩むケースも多いのではないでしょうか。そこで今回は,履歴書の健康状態の記載方法について解説していきます。

なぜ,履歴書で健康状態を聞かれるのか?

履歴書で健康状態を聞かれる理由は,「入社してもらった際,会社として何か対応する必要がある方かどうか」,または「通常業務を行う上で何か支障がないか」を確認するためです。

健康状態が合否に影響するかについて,影響することはあります。たとえば,重いものを持つ業務が多い職場だと,ヘルニアの方の場合,業務遂行が難しくなってしまいます。「合否に影響がある」というと,「そんな企業はおかしい」と感じる方もたまにいらっしゃいますが,お互いのことを思って判断しているケースがほとんどですので,自分の健康状態にあった仕事を探すようにしましょう。

「健康状態」の欄はどのように書けば良いか?

健康に問題がなければ「良好」と書くと良いでしょう。もし,持病があったとしても,業務に支障がない場合は「良好」と記載して頂いて問題ありません。仮に,通院などのために公休日以外の休みが必要な場合は,その旨を記載するようにしましょう。

以下,健康状態別の記載のポイントについて解説します。

①持病があり定期的に通院している場合

「良好(業務に支障はありませんが,月に1度ヘルニアによる通院があります)」と記載すれば問題ありません。業務に支障がないことと,通院の頻度を正しく記入するようにしましょう。あらかじめ伝えておくことで,入社後,周りの方からの協力も得やすくなります。

一方で,休日に定期通院している場合など,周りの方の協力も必要なく,業務に支障がない場合であれば,特に記載する必要はありません。「良好」と記載すれば大丈夫です。

②業務に支障がある病気・ケガがある場合

「持病の定期健診で,2か月に1度,午後休を希望いたします」などと記載しましょう。通院に伴う休み・早退の頻度をあらかじめ伝えておくことで,入社後の協力が得やすくなります。具体的な病名は記載しなくてもかまいませんが,面接等で聞かれることがあることは覚えておきましょう。

また,体調に不安がある場合は,一度治療に専念するのも良いでしょう。せっかく入社したのに,体調を崩してしまい退職せざるを得なくなってしまうと,短期離職の経歴がついてしまうからです。

まとめ

履歴書の「健康状態」の書き方について解説しました。健康状態に懸念のある方は,どうしても気になってしまうことが多いと思います。しかし,たとえ通院が必要だったとしても,「定期通院さえしていれば業務上は問題なく,心配いらない健康状態である」ということを相手にしっかり伝えることができれば,心配はありません。自分のアピールの場として,うまく利用いただければと思います。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

  2. サブスクリプション時代に欠かせないカスタマーサクセスと営業職の関係

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月13日号

  4. 転職先の職場で働きはじめたときに気を付けたいこと

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月6日号

  6. 「日給制」と「月給制」の違いは?「日給月給制」や「月給日給制」なども解説!

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『会社を辞めない起業』私自身も悩んだテーマについて書かれた本

  2. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  5. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  6. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

TOP