就職活動時のクールビズや軽装はどこまでOKか

人材コラム

ゴールデンウィークも明け,気温も上がります。最近はオンライン面接も増えてきましたが,直接企業に出向くケースもまだあります。その際,慣れないスーツを着ていると疲れますし,何より暑いです。

暑い季節だと,企業も「クールビズや軽装でお越しください」と言ってくれるケースも増えてきました。そこで,今回は「就活でクールビズや軽装はどこまで許されるか?」について解説します。

そもそもクールビズとは何か?

クールビズとは,電気の使い過ぎや二酸化炭素の排出による環境問題を改善するため,環境省が提唱する試みです。クールビズでは,夏季の軽装とエアコンの適正な温度設定が推奨されています。

企業では,ノーネクタイになったりジャケットを羽織らなくて良いなどさまざまな服装規程が定められています。特にコロナ禍でリモートワークが増えてからは,シャツではなくポロシャツやTシャツ着用なども認められるケースが増えてきました。

就活でのクールビズや軽装について

就活時に「クールビズや軽装で来てください」と言われても,実際にどこまでが認められるのかわかりませんよね。企業によって認められる範囲は異なりますが,無難なのはノーネクタイとノージャケットです。これらの服装で何か問題視されるケースはほとんどないでしょう。

一方,Tシャツなどは業界によって対応が異なります。IT業界の中でもベンチャー系の会社は,Tシャツを認めてくれる会社も多いです。「この会社はどこまでOKなんだろう?」という情報が欲しい場合,一度会社の下で出てくる方の服装を見て参考にすると良いでしょう。

絶対NGの服装はあるのか?

結論から言えば,絶対NGと企業側から言われる服装はありません。

しかし,時と場合に合わせるのも社会人の基礎です。面接の場にそぐわない,ミニスカートや短パン,サンダルなど比較的露出が多くなってしまう物は避けた方が良いでしょう。

「服装自由なのにおかしい!」と思われる方もいるかもしれませんが,TPOに合わせた対応ができない方だと,企業側も不安になってしまいます。「服装でとやかく言うのは時代遅れ!」という声もわかるのですが,評価する方の価値観に合わせるのも大切なことと言えるでしょう。

まとめ

就職活動時の服装について解説しました。アパレル系企業や個性的な社員が多い企業以外は無難な服装をしていくと良いでしょう。最後に一点注意ですが,軽装やクールビズ指定に関わらず,かたくなに「ジャケットとネクタイを外さない」というのも浮いてしまうので,気を付けるようにしましょう。

(転載元:New Mage

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

  2. サブスクリプション時代に欠かせないカスタマーサクセスと営業職の関係

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月13日号

  4. 転職先の職場で働きはじめたときに気を付けたいこと

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月6日号

  6. 「日給制」と「月給制」の違いは?「日給月給制」や「月給日給制」なども解説!

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『会社を辞めない起業』私自身も悩んだテーマについて書かれた本

  2. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  5. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  6. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

TOP