面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

人材コラム

面接のとき,「最近気になるニュースは何か?」と聞かれることがありますよね。ニュースにまったく触れていない人は少ないと思いますが,ただなんとなく眺めているだけだと回答ができないことが多いと思います。

そこで今回は,面接で「最近気になるニュースは何か?」と聞かれたとき,どう答えるのが良いのか,そもそもこの質問の意図はなにかについて解説をしたいと思います。

なぜ面接で「気になるニュース」を聞かれるのか?

なぜ面接で「気になるニュース」を聞かれるかというと,あなたが社会情勢や自身が受けようとしている業界のニュースを把握できているかを確認するからです。

また,最近気になるニュースを質問することで,「どのようなできごとに関心を持っているのか?」を把握することができ,面接官はその就活生の価値観も知ることができます。「数あるニュースの中でなぜそのできごとを選んだのか?」「そのニュースのどんなところに興味を持ったのか?」などを深堀って質問していくことで,調査能力もわかるので,面接で聞かれることが多いのです。

面接官は直接的に自社への志望度を聞かずとも,「最近の気になるニュース」を通じて,業界や企業への理解度を把握することができます。その業界で働いたことがないとニュースを理解することは難しいですが,意欲を伝える一因になるので,できる範囲で調べていくようにしましょう。

最近の気になるニュースを選ぶポイント

先にも述べましたが,業界に関わるニュースを取り上げると良いと思いでしょう。世界情勢などのニュースだと他の就活生と重複しやすいですし,面接官もその回答から情報を得ることは困難です。

ニュースとして取り扱って良い時期は「1か月以内」を目安に取り上げましょう。「最近」と聞かれているので,2か月以上前のニュースになってくると少しズレてしまいます。インパクトの大きいニュースがあると使い回しをしたくなるものですが,できるだけ最新のニュースを探すようにしましょう。

しかし,どうしても志望業界に関わるニュースが見つからないということもありますよね。そんなときは「経済」に関わるニュースがおすすめです。ただ,それだけだと他の就活生と重複してしまうので,その経済ニュースが志望業界にどう影響を与えそうかなど,仮説をもって回答するようにしましょう。

まとめ

今回は「最近の気になるニュース」について解説しました。定番質問としてさまざまな就活本でも取り上げられている質問なので,軽く考えている方も多いのですが,答え方ひとつで意欲を強く伝えられる質問でもあります。就活を機にニュースに触れてみましょう。

(転載元:New Mage

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

  2. サブスクリプション時代に欠かせないカスタマーサクセスと営業職の関係

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月13日号

  4. 転職先の職場で働きはじめたときに気を付けたいこと

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年6月6日号

  6. 「日給制」と「月給制」の違いは?「日給月給制」や「月給日給制」なども解説!

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『会社を辞めない起業』私自身も悩んだテーマについて書かれた本

  2. 『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』さまざまな特性をもった方が人事に必要

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 『「働かないおじさん問題」のトリセツ』年齢を重ね居場所を失っていく人

  5. 『同調圧力の正体』うまく距離をとることで楽になれる

  6. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

TOP