SaaS業界にはどうすれば転職できるのか? 入社後のキャリアパスも解説

人材コラム

最近,転職希望者の中でも注目されているのが「SaaS業界」です。実際にSaaS営業への転職を検討している方も多いと思います。とは言うものの,どうすればSaaS営業になれるのかがわからないという方も多いと思います。そこで,今回はSaaS営業になる方法やキャリアパスについて解説します。

SaaS営業にはどうすればなれるの?

まず,SaaS営業になるには法人営業経験は必須だと考えましょう。

SaaS商材の大半はBtoBを対象とした製品が多く,お客さんもほとんどが法人企業です。そのため,求められる経験として法人営業経験が必須になるケースがほとんどです。法人営業経験がない方は,別の企業で法人営業経験を積んだ上でSaaS業界を目指すなどすると良いでしょう。

すでに法人営業を経験したことがある方はSaaS業界に転職できるチャンスがあるので,挑戦してみると良いでしょう。SaaS業界は数値分析に重きを置いた業界です。そのため,感覚で営業実績を上げてきたという方も多いかもしれませんが,面接など第三者に話すときは,実績を上げた根拠を示すためにも,数字で語れるようにしましょう。

SaaS営業のキャリアパスについて

SaaS営業の経験を活かし,マーケティング部門など社内のほかの部門に転身するキャリアもあります。SaaS業界ではマーケティングと営業を同じ組織内で運用しているケースがあり,マーケティングスキルを学んでキャリアチェンジしやすいのが特徴です。

この道を選択する場合のキャリアパスは以下のとおりです。

  1. SaaS営業として働き,インサイドセールスやフィールドセールスなどに携わる
  2. 営業スキルに加えてマーケティングに必要なスキルを学習する
  3. 社内でマーケティングチームに志願してキャリアチェンジする

営業職としてキャリアを積んでいく方は,インサイドセールスやフィールドセールスそれぞれのマネージャーとなっていく方が多いようです。各社社風はさまざまではありますが,数値分析に重きを置いたロジカルな社風の会社が多い傾向があります。

SaaS営業を経験した後の転職先候補

SaaS営業を経験した後のキャリアを知りたいという方も多いと思います。実際にSaaS営業を経験した後は,以下のキャリアを歩む方が多いです。

  • 外資系のSaaS企業に転職
  • 大手SierやIT業界に転職
  • スタートアップ系企業に転職

まず,実感値として目指す方が多いのは,外資系のSaaS企業への転職です。外資となると年収も大幅アップが期待されるからです。次に,大手SierやIT業界については,SaaS商材は大手企業を対象とした製品も多く,そういった経験が買われて転職する方が多いです。スタートアップを目指す方は少数精鋭で裁量権を求めている方が多く,もう一度会社を大きくする経験をしてみたいという方が多いです。

まとめ

今回は,SaaS業界への転職方法やキャリアパスについて解説しました。SaaS業界は流行っているだけでなく,しっかりとしたキャリアを歩める点でもおすすめの業界です。採用基準が高い業界ではありますが,キャリアをしっかり積んだ上で挑戦してみると良いでしょう。

(転載元:JOB COMPANY

関連記事

特集記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 本当に転職すべきなのか? 複数社から内定が出たけれどどうしようか?

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年12月5日号

  3. キャリアチェンジのメリット・デメリットは?年収が下がる可能性についても解説

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年11月28日号

  5. 『NEW SALES―新時代の営業に必要な7つの原則』商品を購入したことで得られる未来を想像してもらおう

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2022年11月21日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『プロフェッショナル マネージャー』目標を達成するまで,諦めずにやる。

  2. 『“未”顧客理解 なぜ「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?』未顧客を5原則で理解しよう

  3. 『システムを作らせる技術 エンジニアではないあなたへ』双方でゴール設定を共有しよう

  4. 『そのビジネス課題、最新の経済学で「すでに解決」しています。』営業管理にも活用したい

  5. 『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』相手が知りたいことを伝えるという意識を持とう

  6. 『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』どのような規制やルールができるのか

TOP