『みずほ銀行システム統合,苦闘の19年史』「IT業界のサクラダファミリア」と呼ばれたプロジェクト全体がわかる良書

書評

今回は『みずほ銀行システム統合,苦闘の19年史』を紹介します。

IT業界ではかなり有名な2000年から2019年まで行われていたプロジェクトについての本が発売されたということで,書店で即買いしてしまいました。

「IT業界のサクラダファミリア」と呼ばれたみずほ銀行の勘定系システムの刷新・統合プロジェクトについて,3部構成で書かれています。

  • 第1部:新システムの概要
  • 第2部:2011年の震災直後のシステム障害について
  • 第3部:2002年の3行統合時のシステム障害について

前述のようにとても有名なPJですが,以下の方には一読をおすすめします。

  • IT業界に関わる方(SIer,ITコンサル会社,情報システム部などで勤務されている方)
  • これからIT業界に挑戦しようと思っている方
  • このシステムの噂は聞いていたが,内容は知らなかった方

本全体としては,「経営陣の意思決定の遅さや判断の甘さ」にフォーカスされています。

結果として4000億円以上というとんでもない金額が投資されていたプロジェクトで,著書がさまざまな関係者にヒアリングした内容が書かれています。個人的にはもっと内部の現場担当者の「リアルな声」も聞いてみたいと思いましたが,全体像のわかる良い本だと思います。

ただ,悪い面ばかりではなく,現場では「手打ちでコードを書かせない(※生コード禁止)」「要件定義でのAs-Is(従来通り・従来システムの踏襲)を全面禁止」など,プロジェクトの進め方がわかり,今まで噂として聞いていた「旧態依然としたITを知らない会社が時代遅れのシステムを開発してるプロジェクト」という印象は変わりました(そのマネジメントに問題があったのですが…)。

全体としては読みごたえがあり,プロジェクト全体を知る上では非常に良い本だと思いました。「なんとなく『みずほ案件はやばい!』」と聞いていた方は一読する価値あるでしょう。

今度は,全体像だけでなく「現場ヒアリングに特化した本テーマでの本」が出版されたら,読んでみたいです(流石に出せないかもですが…)。

書名 みずほ銀行システム統合,苦闘の19年史
著者 日経コンピュータ
出版社 日経BP

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

新着 オススメ 特集記事
  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月25日号

  3. 『バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる』誰でも1万分の1の書き手になれる文章術

  4. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  6. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  3. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  4. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  5. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  6. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

TOP