『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

書評

今回は,時価総額を1兆円超え,「ウマ娘」のヒットなどで再度注目されているサイバーエージェントの創業者・藤田 晋さんの著作『渋谷で働く社長の告白』を数年ぶりに読んだので,感想を書いていきたいと思います。

どんな方に合っている本か?

  • 起業や事業をはじめようとしていたり,はじめたばかりの方
  • 日々に閉塞感を感じており気持ちが沈んでいる方
  • サイバーエージェントに興味のある方

本書は,藤田さんの学生時代からサイバーエージェントでの困難をどう乗り越えたかなど,詳細に書かれています。創業当時の苦難やどういった想いで業務に取り組んでいたかなどについて読んでいると「自分はここまでの苦難にあってないのに何をやっているのだろう」と感じました(笑)。

一種のカンフル剤として現状を打破したい方には良い本だと思います。

印象に残った話

サイバーエージェントの創業時の事業は,営業代行業でした。そこで広告システムを代理販売していたのですが,新規事業としてそのシステムを真似たシステムの販売を手掛け,事業が成長したというエピソードがあります。

本書の中でも語っていますが,「普通はありえない」ほどタブーなことです。真似された会社の社長との電話の内容も簡単に記載されていますが,100%サイバーエージェントが悪いです。

ただ,自社を伸ばし株主や従業員,また事業の閉塞感を打破するために当時行った荒業ですが,「ここまでの覚悟を自分は持てるだろうか?」と感じました。

同じ手法を取ろうとはまったく思いませんし,流石にこの行為は問題がありすぎるのですが,「21世紀を代表する会社を作る」という目的のために,「自分はここまで本気になれるだろうか? いや,なれないな」と思ってしまいました。

何事にも突き抜けていくには,どこかで思い切りアクセルを踏むのが大切なのだと実感しました。

また,広告代理業だけでなく「Ameba」などのメディア事業への投資のエピソードも今の「Ameba TV」と同じような状態で,藤田さんが舵を切っているので,「赤字でもこういうこと考えているんだな」というのがわかり,刺激的でした。

まとめ

日本を代表するベンチャー経営者の一人である藤田さんが,なぜここまで会社を成長させる事ができたのかが一部でも理解できる本です。

さまざまな大物経営者の方を見ると,「あの人は才能があったんだ」というバイアスで終わってしまうことの多い自分ですが,結論,「何をやると決めてぶらさずやりきるか」ということがいちばん大切なポイントだと改めて気付かされたので,自分自身もやりきっていきたいと思います。

書名 渋谷ではたらく社長の告白
著者 藤田晋
出版社 幻冬舎

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

新着 オススメ 特集記事
  1. 転職活動をするのにおすすめの時期はある?いつ頃から始めるべきかお答えします!

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月29日号

  3. 『できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書』正解のない仕事で成果を出そう

  4. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月22日号

  5. 適性検査はどこまで準備をすれば良い?企業の活用方法などについても解説

  6. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年11月15日号

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  2. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

  3. 『100円のコーラを1000円で売る方法』企画の初級者向けの本

  4. 『採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本』採用担当者向けで読みやすい本

  5. 『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

  6. 『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』自分の商談を振り返って,客観的にみてみよう

TOP