『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法』基本のテキストを繰り返し読んで身につける

書評

本書は,「本を7回読むこと」でどんな分野でも独学ができるというものです。実際に著者の山口真由さんは,東大首席,司法試験,ハーバード・ロースクールなどをこの勉強方法で乗り越えています。

ただ,実際は本書にもあるようにかなり追い込みもかけているので(司法試験の口述試験前は1日19時間半勉強など/汗),完璧コピーは目指さないようにするというのが大切そうです(壊れそう)。

本書は単行本と文庫でタイトルが変わっています。

また,他の出版社でも似た内容のものが発売されているので,気になったものを選ぶのも良いでしょう。一応,僕は「7回読み」の元になった本書を選びました(文庫本を買いました)。

ともあれ,どうやって勉強すれば良いのだろう,どうやって独学をすれば良いのだろうという人にとって,とても良いヒントになる一冊になっています。

本書は,前半に山口さんのヒストリー(東大→司法試験→財務省),後半に「7回読み勉強法」という構成になっています。勉強法だけを知りたい方は後半だけを読んでしまうのも良いでしょう。

個人的には,特に司法試験のときにどのような勉強をしていたのか興味があって読んでみました。とにかく教材を絞ってそれを徹底的に繰り返すというのがわかります。

7回読みは次の特徴があります。

  1. 「読むこと」の負荷が小さいこと。
  2. 情報をインプットするスピードが速いこと。
  3. いつでも,どこでもできること。

7回といってもいきなり熟読するわけではなく,最初は軽く読んで全体像を把握して,徐々に細かいところを読んでいくという感じです(実は僕もほとんど同じ勉強法です)。

同じ文章を「読む・書く・話す・聞く」で速度を比べたら,言うまでもなく,もっとも速いのは「読む」でしょう。まとめノートを書いたり,講義を聞いたりするよりも短時間で大量の情報をインプットできます。

これはもっとも共感したもののひとつです。YouTubeなどの動画コンテンツが流行っているのは一般的にわかりやすいという点はありますが,ハイクラスの人はほぼほぼテキストから情報を得ているという差があります(語学の発音など動画が有利なものもあります)。

本書を読むと,講義を聴いて学ぶという受け身の姿勢ではなく,(本を選んで)自ら学ぶという能動的な学習ができるようになります。すべてをトレースするのはなかなか難しいですが,独学の方法を探している方にとって最良の方法のひとつになると言えるでしょう。

書名 東大首席が教える超速「7回読み」勉強法
著者 山口真由
出版社 PHP研究所

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    セブンイレブンのドリップコーヒー3種類を買った記録

  2. 2

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

  3. 3

    『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

新着 オススメ 特集記事
  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月25日号

  3. 『バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる』誰でも1万分の1の書き手になれる文章術

  4. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年1月18日号

  6. ゴリラクリニックの男性看護師の対応が悪くて,脱毛時の痛みが激しかったときの記録

  1. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  2. 採用広報では相手が求めるありのままの企業情報を届ける

  3. リファレンスチェックを導入して,第三者による客観的な評価を取り入れよう

  4. 「評価制度が不透明」「悩みが相談できない」離職率を低くするための2つの方法

  5. コロナ禍の今は「求人広告の掲載」が採用のチャンス

  6. ベンチャー企業で起こりやすい採用ミスの2つのパターン

  1. 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』錯覚資産を上手に活用しよう

  2. 『リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法』「いい人」がマネージャーとして適していない理由

  3. 『影響力の武器〜人はなぜ動かされるのか?〜』交渉事が多い方には特におすすめ

  4. 『論語と算盤と私』スタートアップに関わる方の勉強になる

  5. 『僕は君の「熱」に投資しよう』信じてやり切れた者が成功する

  6. 『V字回復の経営 2年で会社を変えられますか』できることを着実に行えるチームを作る大切さ

TOP