『ヤンキーと地元』沖縄の若者たちの生き様を男性側から描いた記録

書評

ヤンキーと地元』は,10年以上に渡って沖縄の暴走族やヤンキーの調査をした記録です。

と聞くと,普通のルポのように感じますが,本書が異常なのは,実際に彼らの仲間に入り,彼らと打ち解け,彼らと同じように建設会社で働き,週末を過ごしている点です。

沖縄アンダーグラウンド』の著者である藤井誠二さんが「上間陽子の『裸足で逃げる』と対になる作品だ。」というコメントを寄せていることからもわかるように,沖縄に生きる人のうち,女性を描いたのが『裸足で逃げる』,男性を描いたのが『ヤンキーと地元』とも言えるでしょう。

その上間陽子さんもまた,著書の中で次のように述べています。

風俗業界に出入りする調査は,打越正行さんとでなければできないと思った。沖縄の暴走族の若者をほぼ網羅し,かれらと一緒に沖縄の主要道路58号線を走る打越さんの調査はすさまじかった。

沖縄関連の本は,どこかがつながっているのも楽しかったりします。

 

前述のように,本書は沖縄の現実を外側から描いたものではなく,内側から描いています。

もちろん,知らない人がいきなり仲間に入るのは容易ではありません。「メンバーにしてください」と頼み込んでも入れるわけもなく,駐車場で飲み明かす中で徐々に打ち解け,暴走族のパシリになるところからはじまり,ゴーパチ(国道58号線。沖縄の主要道路)を駆け抜けるようになります。

 

幼い頃から彼は,覚せい剤と買春斡旋以外なら何をしてもいいから「一人で稼いで生きていけ」と父親に言われてきた。それは経済的な援助はできないと暗に伝える言葉だった。実際,その手の支援はほとんどなく,自力で生活基盤を築かなくてはならなかった。若くしてセクキャバのオーナーとなった彼は,父親から「やるなあ」と褒められるまでになった。

これまで「沖縄の夜」というと,女性側(従業員)の視点から描かれることが多かったですが,本書では男性側(経営側)のシビアな現実がわかります。

 

本書は,沖縄書店大賞・ 沖縄部門大賞受賞作品です。僕が本書を知ったのも,那覇の書店で受賞作品として陳列されていたからです。沖縄書店大賞のうち「沖縄部門」(2018年度までは「郷土書部門」)は沖縄関連の本なので,興味がある方は合わせてチェックするのをおすすめします。

 

書名 ヤンキーと地元
著者 打越正行
出版社 筑摩書房

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    倍速再生に便利「Audipo」の使い方・コピーしたファイルの保存方法など【iPhone/Androidアプリ】

  2. 2

    中国語を独学したい方のためのテキスト(参考書・単語集)を紹介します

  3. 3

    GLAYの『LOVE IS BEAUTIFUL』を聴くとなぜか関東連合を思い出す

新着 オススメ 特集記事
  1. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年9月27日号

  2. OB/OG訪問は何のためにするの?目的や方法について解説します

  3. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年9月20日号

  4. テレワーク環境下でのテレアポの行動管理。行動量を下げないために何をすれば良いか?

  5. 週刊 SOMEYA BLOG 2021年9月13日号

  6. 退職時は「業務引き継ぎ」を大切にしよう

  1. 内定辞退はなぜ起こるのか?辞退理由と対策を解説!

  2. リクルーター制度とは?メリット導入するにあたって注意点も解説!

  3. 今さら聞けない「成果主義」の人事制度とは?メリット・デメリットを踏まえて解説します!

  4. 「スクラム採用」って何!?メリット・デメリットも合わせて紹介!

  5. 今さら聞けないカジュアル面談のメリット・デメリットについて解説!

  6. 今さら聞けない!?ダイレクトリクルーティングってどんな採用手法?

  1. 『”好き”を仕事にできる人の本当の考え方』スキルを高めることで夢が実現できる

  2. 『採用に強い会社は何をしているか』具体的な事例があり,現場ですぐ活用できる

  3. 『100円のコーラを1000円で売る方法』企画の初級者向けの本

  4. 『採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本』採用担当者向けで読みやすい本

  5. 『渋谷で働く社長の告白』どこかで思い切りアクセルを踏むことが大切だ

  6. 『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』自分の商談を振り返って,客観的にみてみよう

TOP